実行委員会規約


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第36回北海道青年祭実行委員会規約(案)

(総 則)
第1条 第36回北海道青年祭兼第57回全国青年大会予選会(以下「青年祭」という。)に関する一切の企画並びに開催準備、運営等を処理するために第36回北海道青年祭実行委員会(以下「実行委員会」という。)を設置する。

(構 成)
第2条 実行委員会は、網走支庁管内青年団体協議会加盟団等をもって組織する。

(役 員)
第3条 実行委員会に委員長1名、副委員長若干名、事務局長1名、監事若干名を置く。
2 委員長は、実行委員会を代表し、会務を統括する。
3 副委員長は、委員長を補佐し、委員長事故あるときは、その職務代行する。
4 事務局長は、実行委員会の事務全般を処理する。
5 監事は、会計事務を監査する。

(部及び係の設置)
第4条 実行委員会に総務部及び競技部を設置する。
2 前項に規定する部に、それぞれ次の係を置く。
(1)総務部 受付接待係、交歓会係、広報係
(2)競技部 音響照明係、アナウンス記録係、展示係、会場係
3 部に部長を置く。また、係に係長を置く。
4 部に副部長を置くことができる。また、係に主任を置くことができる。

(事務局)
第5条 実行委員会の事務を処理するために事務局を置く。事務局の所在地は大空町研修会館(大空町女満別西3条3丁目1番1号)とする。
2 実行委員会の会計は事務局に置く。

(会 議)
第6条 実行委員会の会議は次のとおりとする。
(1)総会
(2)役員会
2 総会は、本実行委員会の最高決定機関であり、実行委員長がこれを召集する。
3 総会は、次の事項を決議する。
(1) 規約の改正
(2) 事業計画及び報告
(3) 予算及び決算
(4) 役員選出
(5) その他、必要事項
4 役員会は、次のものを持って組織する。
(1)実行委員長
(2)副実行委員長
(3)事務局長
(4)部長及び副部長
5 役員会は、次の事項を決議する。
(1)総会に基づく会務の執行と役員の会務の分掌
(2)緊急業務の処理
(3)その他、必要と認めた事項の処理
6 会議は構成人員の2分の1で成立し、議決は多数決により決定し、可否同数の場合は実行委員長が決定する。

(経費)
第7条 実行委員会の経費は、負担金、補助金、協賛金、その他の収入をもってあてる。

(委員長への委任)
第8条 この規約に定めるもののほか、実行委員会の運営に必要な事項は、委員長が別に定める。

(付則) この規約は平成20年 2月  日から施行する。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|