会場係


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

会場係はおもに当日、競技会場内の管理を行います。
今回は車両についても兼ねます。

第1回実行委員会 会場係 協議内容
当日までの作業
1.会場設営図の作成
式典については道青協に良く確認する
2.会場の確認
3.アナ係、音照係との連携チェック
4.ステージ図、装置図の準備
5.搬入車両の管理
6.各競技内容の把握
前日の作業
リハーサル用の式典準備と翌日に向けての撤収
当日の作業
競技リハのための舞台設定、開会式の準備
控室、ホールの準備、展示係の手伝い
出演者の誘導、控室の管理、などなどたくさんの雑務。


会場係報告書(岩見沢)
業務内容
1、種目別の会場設営図・ステージ設営図作成(式典を含む)
2、計画に従って会場設営・ステージ設営
3、各発表での道具の搬入出の指示・補助
4、ゴミ箱等の設置・管理
5、会場の使用状況の把握点検・清掃
6、発表の詳細なタイムテーブルを作成(リハーサルを含む)
7、出演者及び審査員控え室の時間割作成(当日の監督者会議で必要)
8、出演者への連絡と誘導
9、発表時間の記録(アナウンス係の予備として)
事前準備
5月11日  これからのスケジュール確認。購入リスト作成。備品・借用品の確認。
5月16日  ステージの寸法測り。ステージ図作成。
5月30日  各種目のおおよその配置確認。
6月 2日  会場下見(看板寸法測り)
6月 7日  会場下見(台等の寸法確認)
6月 9日  当日の動きの確認。演題等の寸法表作成。タイムスケジュール作成。
1、 6月12日  係り会議(当日の打ち合わせ)
6月15日  演目めくり作成。来賓の名前紙作成。
6月19日  競技部内で、当日の流れ確認。
6月20日      〃
6月23日  会場音量・配置確認(アナウンス、音響と打合せ)
6月24日      〃
6月26日  係り会議(アナウンス、音響と合せて)
6月28日  競技について打合せ(郷土芸能、演劇の始まり方について)
6月29日  改善センターにて模擬リハーサル
 2、会場の見取り図を申し込み前に作成
 3、各競技に関する配置図を競技ごとに作成
 4、式次第・演題などの作成
 5、アナウンス・音響・事務局と綿密な打ち合わせ
当日の流れ
1、タイムスケジュール・競技に関する配置図を基に動く
2、会場全体の見回り
3、アナウンス係・音響照明係・部長と連携をとる
備品
 下記購入リスト参照
反省点
1、アナウンスと音響との打合せをもう少し早くから始めていけば良かったと思う。
2、緞帳の開閉が一部の種目でミスが出たので、それがなくせれれば良かったと思う。
3、会場に下見に行く回数がすくなかった
4、アナウンス・音響・事務局との連携が図れなかった

購入リスト
セロハンテープ  2個
ガムテープ    1個
ビニールテープ
電池
画びょう
ゴミ袋
意見発表用の花のちり紙

借用リスト
ピアノ
踏み台
指揮台
白布
テーブル
椅子 
パネル
譜面台
入り口の看板
トランシーバ

車両係報告書(岩見沢)
業務内容
1、大会当日の車両台数の把握と駐車場の確保
2、車種別駐車スペースの設定(来賓者・機材運搬車・バスなど)
3、駐車場までの案内看板の作成と取り付け
当日までの流れ
1、係会議(数回)
2、タイムスケジュールの作成
3、駐車場用のプレート作成
4、案内看板の作成
5、交歓会係との連携
当日の流れ
1、駐車場の車両の誘導
2、交歓会係の手伝い
備品など
看板を作成の道具、看板の材料
反省点
1、係会議をもう少し増やせばよかった。
2、看板をもう少し早く作成すればよかった。
3、駐車場の数によって張り付ける人数を考えた方がよい。
4、待機しているときはイスに座っていてもよい。
5、太鼓などのトラックを駐車するスペースはできれば屋根がついている
スペースがよい。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|