音響照明係


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

音響照明係は、当日舞台発表などにおいての設備操作を担当します。

音響照明係 協議内容

当日までの作業
1.式典の音照プラン作成
	道青協との連携
2.機材の把握、使用練習
3.競技ごとの音照プラン作成
	本申込時に調査する内容をまとめておく
4.アナ係、会場係との連携チェック
当日の作業
1.リハーサルの実施
2.音照の操作




音響照明係報告書 (岩見沢)
業務内容
1、種目別の音響照明プラン作成(出演者によるものを除く)
2、使用機材の確認と使用方法の把握
3、施設職員と出演者の音響照明担当との連絡調整
4、会場係との綿密な連携
5、緞帳の開閉
事前準備
1、係会議(7回)
2、係の仕事内容の確認
3、会場の下見
4、施設担当者に連絡をとり使用機材の確認・使用方法
5、会場内によるすべて音響・照明にかかわる機材の在庫確認
6、会場・アナウンス・事務局と綿密な打合
7、タイムスケジュールの作成
8、係員全員がすべての使用機材を把握
9、出演者から送れてくる音源を事前にもらう(事務局と連携)
10、リハーサルを常に行う
11、使用機材を把握して申し込み前に各支庁団にわたす
12、マイク・音源の音量
13、音源の流すタイミング(アナウンス係と連携)
当日の流れ
1、タイムスケジュール・種目別音響照明プランを基に動く
2、アナウンス係・会場係・部長と連携をとる
3、使用機材に関しては、実行委員が行う
反省点
1、会場下見に行く回数が少なく、使用機材の使用方法が困難だった
2、会場下見の時仕事の事情により係員皆が集まることができなく、本番になり係員に内容などいき届いていなかった
3、音響照明プランを係員皆が把握しきれなかった
4、施設担当者の方と連絡調整が遅すぎた
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|