アナウンス記録係


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第1回実行委員会 アナウンス記録係 協議内容
当日までの作業
1.アナウンス原稿の作成
	事前調査、本申込を受けて、原稿を作る
氏名、団体名、タイトルなどの確認
2.会場の把握
アナウンス場所での動き方をチェックする
会場係、音照係との連携をチェック
3.リハーサル
タイミング、間の取り方を練習
所要時間のめどをつけておく
当日の作業
1.開会式のアナウンス
2.競技中のアナウンス
3.競技内容の記録
4.閉会式のアナウンス
※式典のアナ原は道青協よりもらう。
※競技中のアナ原は、本申込後6月下旬までにまとめておく
※7月上旬の実行委員会では、軽くリハーサル、時間計測が出来るようにしておきたいですね。


アナウンス・記録係報告書 (岩見沢)
業務内容
アナウンス原稿の作成
舞台袖での出演者とアナウンスへの指示
発表時間の記録とベルの担当
発表の進行状況の把握と対応(日程変更については道青協と協議)
事前準備
5月16日 会場下見・仕事内容確認
6月12日 タイムスケジュール・役割分担の確認
開、閉会式・競技アナウンス原稿受取
6月19日 開、閉会式・競技アナウンス原稿の訂正変更、
      全体の流れ把握
6月20日 同         上          
2、アナウンス原稿を事前に道青協からもらう
3、会場係・音響照明係・事務局と綿密な打合
4、リハーサルを常に行う(3回実施)
注意事項
しゃべり出すタイミング、間の取り方に気をつける
計測の始めと終わりのタイミングを十分確認する
当日の流れ
タイムスケジュールを基に動く
アナ源を見ながらスムーズに進行する
会場係・音響照明・部長と連携をはか
備品
ストップウォッチ 3個
クリップライト  1個
ベル
筆記用具
反省点
リハーサルの回数がたりなかった
アナウンス原稿はよく目を通せばよかった
マイクを利用して声をだせばよかった
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|