※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「【ねむりこうげき】」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

【ねむりこうげき】」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

-主にモンスターの使ってくる攻撃で、通常攻撃のダメージと共に一定確率で眠らされてしまう。
+*概要
+主にモンスターの使ってくる攻撃で、通常攻撃のダメージと共に一定確率で[[【眠り】]]状態にされてしまう。
 類似する特技に[[【まひこうげき】]][[【どくこうげき】]][[【こんらんこうげき】]]がある。
+味方側は[[【まどろみのけん】]]、[[【まどろみのこん】]]、[[【ゆめみのこん】]]で攻撃すると追加効果で眠らせることがある。
 
 *DQⅡ
 初登場。[[【うみうし】]]や[[【シドー】]]などが使う。
 この作品でのメッセージは「○○は ○○ポイントの ダメージをうけ きをうしなった。」となっている。
 そんなわけで、Ⅱでは[[【しびれくらげ】]]も眠り攻撃を使ってくる。
 ちなみにマヒ攻撃の初出はⅢ。これ以降のしびれくらげはいずれもマヒ攻撃を行なっている。
 
 *DQⅢ~
 以降も全作品に登場。
 Ⅲではいきなり使い手が[[【マタンゴ】]]のみとなり絶滅の危機に瀕したが、
 Ⅳ以降は軒並み数匹の使い手がコンスタントに出演している。
 使い手としてはⅣの[[【おおにわとり】]]などが有名。
 
 Ⅴでは仲間モンスターも使用可能。
 この際「ねむりこうげき」という名前が決定された。
+SFC版ではダンスニードルがLv10で習得するのみだったが、リメイク版ではおばけキノコがLv5で習得し、ガップリンは初めから習得している。
+ただしDS版のガップリンのねむりこうげきは、一度セーブして電源を切るとまひこうげきに変わっている。
 
 敵が使ってくるとなかなか厄介な特技ではあるものの、
-味方でこれが使えるモンスターは限られていることもあり、甘い息等に比べると地味な印象がある。
+味方でこれが使えるモンスターは限られていることもあり、[[【あまいいき】]]等に比べると地味な印象がある。
+
+*DQMシリーズ
+**DQM1、2
+本編と同じく睡眠の追加効果を持つ攻撃。消費MPは2。
+ガップリン、ぐんたいアリなどがLv7でステータスが一定以上だと習得する。
+どくこうげきも習得していると、マヒこうげきを[[【思いつく】]]。
+**DQMCH
+習得レベルが10に上がっている以外は前作と同じ。
+ドロル、バーサーカーなどが習得する。
+**DQMJシリーズ、テリワン3D
+ジョーカー2以降の分類は斬撃。
+[[【アサシン】]]、[[【ナイトメア】]]などのスキルで習得できる。
+また、特性としての[[【ねむり攻撃】>【ねむり攻撃(特性)】]]も登場している。
+
+*トルネコ3、少年ヤンガス
+トルネコ3では剣に[[【ラリホーの杖】]]を[[【異種合成】]]することで可能になる。
+少年ヤンガスではそれに加えてまどろみの剣や[[【ラリホー草】]]の合成でも可能。
 ----