※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ・Ⅷ、DQⅣ(PS版)、DQⅤ(PS2版)

Ⅶから登場した移動中のシステム。
特定の物体の前で【便利ボタン】を押すとその物を持ち上げることができ、もう一度押すと持っている物を前方に投げつける。
持ち上げられる物は主に【壷】【樽】、瓶、花瓶、花など。
このうち壷と樽は投げると壊れ、中にアイテムやゴールドが入っている場合はその場で手に入る。
割れ物を人にぶつけることもできるが特に相手が怪我したりする様子もなく、そればかりか何も反応しない。

Ⅶで初登場して以降、PS版ⅣやPS2版Ⅴ、さらにグラフィックがリアル化したⅧにも引き継がれた。
Ⅶでは【謎の遺跡】【魔王像】【海底都市】(過去)のパズル要素や、【始祖たちの村】の族長の家のゴミ拾いにおいてこのアクションが必須となる。
Ⅷでも【王家の山】【アルゴリザード】を呼び寄せるのにジョロの実を持って投げる必要がある。
またPS2版Ⅴでは、【工事中の神殿】にあるトイレ壷は当然ながら持ち上げられず、持とうとすると特殊なメッセージが表示される。

しかしDS・3DSの作品では持ち上げるアクションは削除され、壷や樽は調べるとその場で壊すようになった。
(当初はⅨでも持ち上げが採用予定だった模様。開発段階のPVで確認できる)
3DS版Ⅶでは持ち上げの削除に伴い、上述のパズル要素などが変更または削除されている。