※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダイの大冒険

【ドラゴンクエスト ダイの大冒険】に登場するオリジナル技で、『きゅうそくるくるけん』と読む。正式名称は「武神流窮鼠包包拳」。
空手ねずみチウが ロモス武術大会で超魔生物化したザムザに立ち向かう際に新たに編み出した体当たり技で、ダッシュしながら名前通り前方にクルクルと高速回転し、身体を丸めて標的へ突撃する。
【ポップ】【フィンガー・フレア・ボムズ】でザムザが怯んだ所へ繰り出し、高い硬度を持つザムザの左手のハサミを破壊。
その上でみぞおちにヒットして、ザムザの腹部に鹵獲された【ダイ】を露出させる程の威力を見せた。
チウが自らの手足の短さを補うのとダイとの会話をヒントに咄嗟に編み出し、武神流窮鼠文文拳に代わる彼の新たなる必殺技となった。
後に彼が死の大地を偵察していた矢先に立ちはだかった【フェンブレン】にこれを繰り出した事もあったが、
相手の全身が【オリハルコン】の刃だった為、逆にダメージを受けてしまった。

名前に「武神流」と付いてはいるが 物語中チウ自身が独自に編み出した技なので、元来の武神流拳法には入っていない。
命名主も発案したチウ自身である。