※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQM1、2

ドラゴン系として登場する大型の蛇。 名前の由来は「羽のある蛇」を意味するアステカ神話の農耕神、文化神である「ケツァルコアトル」からだろう。
【ウィングスネーク】×2や、スカイドラゴンなど他4種のドラゴン系×うごくせきぞうなど他4種の配合で作れる。
1の時点では野生にもいないし他国マスターからも奪えない。2ではランダム異世界や他国マスターから入手できる。
星降りの大会で対戦する【ミレーユ】が使役しており、イオナズンが強烈だが、やけつくいきが効いたりする。
GB版2の旅人の世界で対戦する時も変わらず所持している。

味方として使った場合は、序盤はステータスが伸びず微妙だが、レベルが上がると大きく成長する大器晩成型。
特にHPはLv99まで育てるとカンストする。
しかし、何だか強そうな見た目のわりに攻撃力はあまり伸びない。MPもいまいち。
習得する特技はイオ、まじんぎり、いなずまぎり。
なお、こいつを使った配合にはあまり特殊なものがないので、影が薄い。
PS版では、ロックちょうかウイングアサシンと配合すればシャンタクができるようになっている。

テリワン3D

その後のシリーズでは登場していなかったが、テリワン3Dで復活。
ドラゴン系Sランクに属し、メガボディ持ちの2枠モンスターとなっている。
【黒竜丸】【デスソシスト】【アサシンブロス】【マリンデュエル】のいずれかの配合で生み出せる。
黒竜丸は位階最上位なので簡単に調達できるが、もう一方の3匹は他国マスターからしか入手できず、困難を窮める。
こいつ自体も他国マスターから入手できるので、苦労するがそちらで頑張ってみるのもアリ。
素材は全てAランクなので【引越しアプリ】で連れ来てしまうのもいいだろう。
「AI1~2回行動」「イオ系のコツ」「ギャンブルカウンター」を持ち、+25で「魔神攻撃」、50で「ギロギロ」が加わる。
能力値はHPと素早さがやや高め。攻撃力もそこそこだが、魔神攻撃が付くとミスりやすいのが難点。
相変わらず、星降りの大会でミレーユが使役する。HPは4桁にもなり、火炎竜やメラゾーマが強力。
魔王の使いとの配合でりゅうおうが、デスマシーンとの配合で【ドラゴンマシン】が生み出せる。
前者はグレイトドラゴンを使うほうが楽なので、配合は後者のほうに回すのが得策。
所持スキルは【イオ&デイン】