※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダイの大冒険

【ドラゴンクエスト ダイの大冒険】に登場するキャラクター。テラン王国の高名な占い師【ナバラ】の孫娘。
どっからどう見てもⅣの【ミネア】を思わせる衣装に身を包んだ年齢15歳の可憐な少女。
性格は内気で大人しい(【ポップ】に関すること以外は)が、秘めた占いの才能は祖母をも凌駕しており、
日々成長するその姿を見たナバラは「ほぼ百発百中で気味が悪いくらい」と評したほど。
(というかその能力は占いと言うよりは近未来予知能力に近いものではあるが…)
ただし、水晶玉の扱いに関しては、まだ祖母ほどの実力は無いようだ。

ついでに先にもある通り、ポップに関することになると内気な性格とは思えないほど感情的になり、
普段の彼女からは想像も付かないほどに行動力が一段とアップしたり、感情を爆発させる時も。

最初は祖母のナバラ共々ベンガーナのデパートで【ダイ】たち一行に出会った後、
彼らに【竜の騎士】についての情報を伝えるだけのただのモブキャラかと思いきや、
彼女の占いによりダイの最強の武器を得るため、ポップを故郷ランカークス村に居る両親と再会させ、
ダイ達がロン・ベルクと出会うきっかけを作ったり、気配を察知する能力と回復呪文でダイ達をサポートする、
夢の中とはいえダイが母ソアラと父【バラン】と再会させるお膳立てを整えてくれる、
【ミナカトール】を会得する洞窟へ自ら進んで赴く、【マァム】に自分自身に向けられる愛についての
先輩の1人になる等々、多岐に渡って活躍する重要キャラクターとなる。

性格及び略歴

黒目がちな瞳が印象的ななかなかの美人。ポップに思いを寄せるメルルと、それに気づかないポップを見て、
ムッツリで百戦錬磨のはずの【マトリフ】?が「勿体ねえ」と評したほど。
しかしメルル本人は美人である自覚が無いのか、内気で自信を持ちきれない性格も相まって、中々ポップに想いを伝えられずにいた。
想いを伝えたらポップとの関係が壊れてしまうかも知れないという漠然とした恐怖感もあったのだろう。

ミナカトールの魔法陣を巡る攻防戦の際、ミナカトールの発動のために四苦八苦しているポップを
【ザボエラ】が狙っている事をその感知能力で察知する。
そして放たれた「毒牙の鎖」を身を投げ出して受け止めポップを助けるが、
かすっただけで死に至ると言う猛毒を受けてしまったメルルは、駆け寄ってきたポップに勇気を振り絞って想いを伝える。
ポップには既にマァムへの想いがあったため届かなかったものの、告白の勇気を受け、
己の弱さと真に向き合うことで自らの心の力「勇気」を見出し、アバンのしるしを光らせるに至る。
同時に賢者の力に目覚めたポップが放った【ザオリク】級の回復エネルギーにより猛毒は全て解毒され、一命をとりとめた。

その後、それが切っ掛けになったかのかは不明だが「他人とテレパシーで交信する」という新しい能力に目覚める。
対象はポップだけという狭い能力ではあるが、【バーンパレス】?にて【バーン】と戦っていたポップとこれで交信し、
バーンパレスから出られないポップ達ではどうしようもなかったバーンの最終計画を挫くきっかけとなった。

そしてバーンとの最終決戦後、彼女はポップ、マァムとともにダイを探す旅に出ている模様。

名前の由来

いつも「目がウルウル」している女の子だから。
【ヒュンケル】等と同じく、ダジャレネーミングのキャラの1人。