※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅳ、Ⅷ、Ⅸに登場する青い人魂の魔物。
【メラゴースト】【マネマネ】の色違いで、水色の魂のような姿。

いずれの作品でも同時期の他の敵よりも明らかに弱い。
悪意ある魔物ではなく、成仏できずうつし世をさまよう哀れな霊魂なのだろう。
ニフラムで昇天させてやりたい…ところだが、なぜかⅣ以外の登場作品にはニフラムがない。
そんなわけで今日も今日とて刃物で切り刻まれるのであった。

DQⅣ

【アッテムト鉱山】1階と【大灯台】に出現。
メラゴーストの上位種、といってもまごまごしてばっかりでほとんど攻撃する気はない。
しかも戦闘開始時から混乱していることもある。
HPが少なくなると【はじけとぶ】がダメージはたいしたことはない。
ほとんど演出用のモンスター。
ちなみにすばやさが1しかない。

だいぶ後になって【しにがみきぞく】がコイツを呼び出すことがある。
何のためにこんなヤツを呼ぶんだろう?

DQⅧ

【剣士像の洞窟】のみに出現。
本作では【エレメント系】に分類されており、通常テンションのダメージを60%軽減する【ダメージ軽減能力】を得た。
Ⅳよりはやや強化されているものの、やはりまごまごして弾け飛ぶばかりでザコ。
倒すのも面倒なので【おどかす】でご退散いただこう。
【闇の遺跡】ではメラゴーストと一緒に過去のシリーズにおける話す魂の役も兼任している。

また、戦闘中に倒しても青白い明かりが残る。
どうやら、倒されても成仏しきれないらしい。

DQⅨ

ベクセリア地方、ふういんのほこら、低ランク宝の地図(氷)で出現。
ただし宝の地図以外では他シンボルのお供としての登場のみ、低ランク宝の地図(氷)の入手確率も決して高くないので人によっては全く会うこともないかもしれないほどの影の薄さ。
モンスター図鑑では「現実から目をそらしまごまごし続け最後にハデに自爆する。負け組モンスターなのだ」と散々な言われようをされている。