※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

現代ダーマで戦う【山賊四人衆】の1人。
【さんぞくマージ】【さんぞく】【エテポンゲ】と一緒に戦いを挑んでくる。

マップ上のグラフィックは兵士、戦闘時のグラフィックは【デビルアーマー】と同様のものが用いられている。
相変わらず「兵」にはデビルアーマーのグラフィックばかりである。

キャラクター

他の3人はアジトに戻るとそれらしき人物が居るのを確認できるのだが、彼だけは何故かアジトに居ない。
兵士の格好をした山賊も居るには居るのだが、そいつは4人が帰還した際に見張りをしているためおそらく別人。
そのため、4人の中でただ一人明確なセリフが一つもないキャラクターとなってしまっている。
ただ、彼かどうかは判然としないものの、後に訪ねると兵士の格好をした山賊が
【ちしきのぼうし】のおかげで一時でもカシラの右腕になれたエテポンゲを羨ましがっている。

戦闘能力

戦士系の外見をしているだけあって、行動も攻撃的。
【三段階ローテーション】で行動し、行動パターンは以下の通りとなっている。
ぬすっと斬り or ムーンサルト かえん斬り or 力ため まぶしい光 or 力ため (繰り返し)
ムーンサルトによる全体攻撃が痛い。また、こいつの力ためは敵にしては珍しい強いタイプ(2~2.5倍)のもの。
補助系呪文はルカニ、マヌーサ、ラリホーが高確率で有効。また、【ほえろ】などの1ターン休み系も確実に効果がある。
グラフィック上では固そうだが、守備力はそれほどはなく、さんぞくマージの方が守備力そのものは高い。
だが攻撃力は山賊四人組の中でも最も高いので、油断はしないように。

なお、【ぬすっと斬り】を使ってくる敵は本編では彼と山賊マージしかいない。
特にこちらのアイテムを盗られたりする事はなく通常攻撃と何ら変わりはないが、上手い演出である。