※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

ⅧとJOKERに登場する、太陽に顔が付いたような見た目のモンスター。
常に邪悪な笑みを浮かべた大きな太陽の周りを、やはりニヤニヤした小さな太陽が周回している。
上位種として【スピンサタン】【ヘルプラネット】がいる。

DQⅧ

海辺の教会~ベルガラックのあたりに生息。
エレメント系であるが、テンションを上げなくてもダメージは軽減されない。
通常攻撃の他、火炎の息を吐いたり、まぶしい光でこちらの攻撃を封じようとしてくる。
見ての通り太陽なので熱に強く、メラ系とギラ系は全く効かず、逆にヒャド系とバギ系には弱いという非常に分かりやすい耐性を持つ。
ルカニ以外の補助系は効きにくく、動きを止めるのは難しいので小細工は挟まず攻撃していこう。
本体(?)の周囲を小さな太陽が回っているドラクエっぽさのあるモンスターなのだが、発売前はロマサガ2の「クレイジー・サン」にそっくりだとしばしば言われていた。
メジャーモンスターの仲間入りかと思いきや、出現エリアが狭い上に出現率も低め。
船を手に入れたあと海辺の教会へ行かない人が多かったことで、遭わない人が続出した。
ちなみに昼限定っぽく見えるが、夜でも出てくる。
落とすアイテムは、ブーメランか月のめぐみ。

DQMJ

物質系のランクFのモンスター。
サンドロ島の外周部の北部に昼間のみ出現する。ここでもヒャド系には弱い。
序盤の敵なので大して強くはないが、配合素材として一応スカウトしておこう。
スキルはメラ&イオ、特性としてイオ系が得意で、少ないMP消費で使える。
配合で作るのならブリザード×メラゴーストで作れる。別に配合するほどでもないが。
なお、【スカウトQファイナル】の2問目の答えはコイツである。

DQMJ2、DQMJ2P

特徴はおおむね前作と同じだが、イオ系のコツに加えてイオブレイクの特性を得た。
超高火力でイオ系特技を打てるようになったため、世界選手権のビギナー級でギガブレイクを連発し猛威を振るった。
その上こいつはギガブレイクを受けると回復する。こいつ対策のためにイオ系無効のレッサーデーモンなどが持ち出された。

プロフェッショナルでは強、最強化ができるようになったが、強化すると【ウトウト】の特性が付いてきてしまう。
最強化すれば常にアタックカンタの特性を得られるのだが…。
ほかに強力な攻撃手段も増えており、無印ほどの活躍は難しいだろう。