※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

黒い【キラーパンサー】
コイツに狙われると必ず命を落とすという伝承があるとか無いとか。

DQⅧ

終盤に登場するモンスター。
Ⅷ名物真っ黒モンスターの一種だが、【闇の世界】【暗黒魔城都市】には出てこず、異変後の表のフィールドにしか出現しない珍しい敵。
【トラペッタ】地方の他、【竜骨の迷宮】のある砂漠地方の高台にも出てくる。

能力はキラーパンサーの上位互換だと言えるが、【痛恨の一撃】(守備依存)を放つなど、普通のキラーパンサーとは若干異なる攻撃手段を持つ。
攻撃力はもちろん素早さも高く、後衛2人でも先手を取れないことも多い。
加えて【しっぷうづき】をよく使うため、先手を取ってダメージを受けやすい鬱陶しい敵。
また、補助呪文にも強く、ルカニ系、ラリホー系、休み、毒系は全く効かない。
ただし、【マヌーサ】は効きやすいので命中率を下げてやると戦いやすい。複数で出現したら【メダパニーマ】を使うといいだろう。
属性攻撃にも軒並み耐性を持つが、イオ系、バギ系、デイン系、強打系は弱か無耐性なので有効。
一見身のこなしも軽そうだが、回避率もない。

世界各地に散らばり過ぎてしまったためか、2匹以上のグループでは出ない。そのせいか報酬は高め。
砂漠の高台で出ると砂をかぶったような色で出てくるので笑える。出現モンスターに特徴のある地図にない島には出ないでほしかったが。
【暗黒神ラプソーン】の配下と思える設定だが、落とすアイテムが【かわのぼうし】はともかく、レアが【聖者の灰】という裏切り者。
制作者の意図は、黒い→灰という連想だと思うけど…。

ちなみに北米版ではスライム系オンリーだったはずの【風鳴りの山】にて何故か新たに出現するようになった。
外人さん達はレベル上げの時に嫌というほどコイツの顔を見、かつ痛恨としっぷう突きに悩まされた事だろう……

DQMBV

【レジェンドクエストⅧ】の第八章で敵チーム専用モンスターとして登場する。お供の【ゲモン】【やみのしさい】はカード化されたというのに…しかも神鳥の巣に出て来てないだろ。
技は「シャドーファング」と「しんくうは」。どちらも【キラーパンサー】の使い回し。

素早く、回避率も高いので注意。