※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅴ、Ⅸに登場するモンスター。
剣の扱いと補助魔法に長ける黄色い鱗の竜戦士。【リザードマン】の上位種。
Ⅶの【りゅうき兵】は全く同じ体色をしている。
Ⅴの公式ガイドブックによると、竜人族のエリート戦士らしい。
名前の由来は不明だが、ドイツには同名の出版経営者が存在していたようだ。


DQⅤ

この作品ではリザードマン系の最強種。
生息地は【ボブルの塔】【大神殿】【エビルマウンテン】【謎の洞窟】などかなり多い。
PS2版のみ、金色の縁取りが施された豪華な防具を装備している。
攻撃力が高い上、ルカナンとスカラで補助を行ってくる厄介な敵。

地味に【グループローテーション】を組んでおり、
打撃→ルカナン→激しく斬りつける→激しく斬りつける→スカラ→激しく斬りつける の順で行動する。
ルカナン後に強化打撃を連打するため3匹組にいきなり襲いかかられたら危険極まりない。
ただしマホトーンが確実に効くので封じてしまえばそれほど怖い相手ではない。
攻撃呪文はメラ、イオ、ヒャド系が有効。状態異常は効きづらいが、休み系は効く。
ドロップ品は彼の愛剣と思しきはがねのつるぎ。

ちなみにSFC版Ⅴでのデータ上の扱いはドラゴン系ではないため、【ドラゴンキラー】の追加ダメージが発生しない。
さすがに不自然と判断されたのか、リメイク版ではドラゴン系に修正されたが。
この系統は作品によってドラゴン系だったりそうでなかったりが激しい。
Ⅶの【まかいファイター】、Ⅴやバトルロードにおけるリザードマンもドラゴン系がついていない。

仲間にすることも可能だが、仲間になる確率はやや低く、出現エリアによっては絶対に仲間にならないので注意が必要。
仲間モンスターとしてのシュプリンガーは【リンガー】を参照。

DQⅨ

最上位種は魔界ファイターに取られたものの、やはり物語の終盤に登場。
【閉ざされた牢獄】【絶望と憎悪の魔宮】、セントシュタイン東の島に出現。
努力家のようで、立派な魔法戦士になるために、【ワイトキング】に弟子入りして魔法を学んだと説明されている。
今回はちゃんと名実共にドラゴン系扱いなので、ドラゴンキラーやドラゴン斬りが有効。

ローテーションは無いが、ルカナンとスカラで補助を行う点などはⅤと変わらない。
確実ではないがマホトーンも効くので、封じた後はドラゴン斬りなどで仕留めるといい。
弱点は闇属性と土属性なので、ダークフォースがけの攻撃が有効。
しかし、それ以前にザキ系に弱いので、僧侶が居るなら即死狙いが手っ取り早い。
この系統全てに言えることだが、たまに盾で攻撃をガードをする事もあるので注意。
なお、通常ドロップ品の竜のうろこはわかるとして、レアでドラゴンキラーを落とすのは何の冗談だ。

DQMJ2P

前述の通り、長らくモンスターズ等での出演枠は下位種のリザードマンに取られていたが、
ジョーカー2プロフェッショナルにおいて、そのリザードマンを差し置いて登場。
ドラゴン系のランクBに属する。
連続(2回)とテンションアップを持ち、攻撃力が高いのでスカウトにも使える。
遺跡地下のエリアで野生でも登場し、以前のように守備力を上げたり下げたりしてくる他、
複数体を何度か攻撃する剣の舞いを使用してくる。
【ジャミ】【ゴンズ】【ずしおうまる】の配合に必要なので、素材として何かと入手の機会は多いだろう。
所持スキルは「VS斬撃」。

テリワン3D

J2Pより引き続いて登場するが、ランクはCに低下。【さそいのとびら】に出現する。
元作に出ていたリザードマンは登場しないので、リザードマンの役割を完全に食ってしまった事になる。
【ジュヒョウの国】では酒場の店主もやっている。
+25以上で「メラブレイク」、50で「会心完全ガード」を得られる。
HPと攻撃力が高く、その他もMP以外はそこそこ高い値を持つ。
配合には上記のジャミ、ゴンズ、ずしおうまるの他にも、今作では【ゲマ】【ライオネック】の配合にも必要になる。
ちなみにずしおうまる以外は全てⅤに関わるモンスターである。あのゲマ達がみんなこいつから生まれていたと思うと……。
前作同様素材としてお世話になる機会は多い事だろう。