※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQM2、DQM1(PS版)

????系の魔物の一匹。
【りゅうおう】の強化形態。竜王第2形態と比べると全身がゴツく、トゲトゲしいデザインになり、前屈姿勢に変わっている。
白目をむいており外見はより一層禍々しく、理性を無くし凶暴になっている印象である。
図書館の説明では竜王怒りの形態と書かれているが、今のところ本家シリーズには登場していない。
【りゅうおう】(ドラゴン形態)と【オリハルゴン】を配合することで誕生する。
覚える特技はデイン・ジゴスパーク・精神統一。ジゴスパークがあるのでデインは不必要か。
????系としては能力値が低めで、無条件カンストするのはMPのみ(MPの成長率は最高)。
しかし全種族の中でも十指に入るほど高い耐性が魅力的で、中でも補助系特技には無敵。
両親をしっかり鍛え能力を高めれば、????系の中でも屈指の強さを誇る。

イルルカ

【狭間の闇の王】が送り込んできた第一の滅びの使者として登場。
デザインもも大幅に変更され、2足歩行の屈強な竜となった。サイズは超Gサイズ。
配合条件は元作品同様【竜王】【オリハルゴン】
何故か竜王第2形態が「竜王」名義にも関わらず、平仮名で「しん・りゅうおう」名義である。

初登場時と違い、ドラゴン系のSSランクモンスター。竜王がドラゴン系だからだろう。
特性は【超ギガボディ】【神の息吹】【ギャンブルカウンター】【AI4回行動】【いあつ】【デインブレイク】
配合回数が+25で 【炎ブレスブレイク】、+50で【ときどきバイキルト】、新生配合で【秘めたるチカラ】?が解禁される。

とにかく超ギガボディの為のスキル6枠による自由度が非常に高い。
特性に関しても、戦闘開始時にメタルを機能停止に出来る可能性の高いいあつ、対応しにくいブレス系に関する2種類のブレイク、単純な殴り性能特化ときどきバイキルト、殴られても対応できるギャンブルカウンター、長期戦の強い味方秘めたるチカラと、全く隙が無い。
その為か、通信対戦では良く見かけるモンスターのうちの一体である。

新生配合の際、【こうどう はやい】を付けられていることが多いが、
有用スキルが揃いすぎている弊害で、付けるともれなくマイナス特性が付きかねないのが悩みどころか。
所持スキルは【しん・りゅうおう(スキル)】?
【ジェノシドー】【アスラゾーマ】【サイコピサロ】との4体配合で【狭間の闇の王】が生み出せる。

ライブラリのまめちしきでは「怒りで我を忘れた竜王の姿だと言われている。」となっており、
竜王の直接の進化系であるかどうかは曖昧になっている。