※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

【オニオーン】【たまねぎマン】の上位モンスターで、この系統最上位種。
「"地獄"の"玉葱"」という素晴らしいネーミングセンス、紫の強烈な体色が特徴。
3DS版Ⅶでは下位種2体にお呼びがかかったものの、残念ながらコチラにお呼びはかからなかった。

DQⅥ

運命の壁の洞窟部分など、出現場所はあまり多くない。
ただし、最大6匹の集団で現れる事が多い。
更にたまねぎマンも使ってきた甘い息でこちらを眠らせ、その間にルカナンで守備力を下げて集団リンチをしてくる見た目によらず恐ろしいモンスター。
他の敵と現れたり、適当に攻撃したりしていると全滅しかねない。
ただし踊り封じ以外のすべての魔法、特技が効くので、行動される前にラリホーやメダパニ、おたけびなどで逆にこちらから行動を封じてしまおう。
ザラキで一掃するのも有効。ニフラムはやや効きにくいので使わないほうがいい。
落とすアイテムはブーメラン。
【スライム格闘場】のランクGでは、メガボーグ、メガザルロック、キラーマシン2と一緒に出てくる。
こんな物理攻撃特化型なメンバーに先制甘い息→守備力下げなんか食らったらほぼ詰みなので、
【メタルキングのたて】は惜しいがこいつを1ターンで倒せるまでランクGはやらないほうが賢明だろう。

少年ヤンガス

トルネコシリーズでは出なかったが、少年ヤンガスでようやく登場。
盗賊王の大宮殿、竜骨、魔導の宝物庫と階層の深いダンジョンでしか出現しない。
61F以降、たまねぎマンに代わってミミック、はぐれメタルと交代で出現する。
魔導の宝物庫では秘密の通路の他、100F以降も上記のモンスターと交代で出現する。
やはりこちらから逃げ回り、隣接するとワープで逃げてしまう。
倒してもたまねぎマンと同じ大きなパンを落とすが、食糧不足を防ぐためにも見かけたら倒そう。