※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

ⅣとⅧなどに登場している巨大なコウモリ。
夜行性の魔物であり、紺色の体を夜闇に隠し道行く人々を襲う。
上位種に【よるのていおう】が存在する。

DQⅣ

主にリバーサイド付近や【魔神像】に生息しているが、昼のフィールドでは見かけない。
同じコウモリの【きゅうけつこうもり】【バンプドック】に比べると、体が大きいために同時出現数は少ない。
戦法はそのバンプドックを単純に強化したようなもので、ラリホーと眠り攻撃でハメてくる。
ただ、痛恨の一撃を放つのが大きな違い。
こちらの戦力が整っている段階なので特別倒しにくい相手ではないが、油断するとピンチになるモンスターの典型。
攻撃呪文で攻めるならイオ系、補助呪文をかけるならメダパニが比較的効きやすい。
落とすアイテムはやすらぎのローブ。

DQⅧ

アスカンタ地方北部と【願いの丘】に多く生息している。
ラリホーのほか【ヒップアタック】も使う。
こっちはゼシカが使ってやってんのに、敵のほうはこんな野郎しか使ってこない。何だ、この不公平は!
普通に昼にも出るようになり、趣旨が別の方向へ行ってしまったモンスターといえる。
でも、強化版の夜の帝王は夜にしか出ない。ヒップアタックしてきますが…。
落とすアイテムはこうもりの羽、もしくはまじゅうの皮。

DQMCH

以前のモンスターズシリーズに登場したよるのていおうに替わって登場。動物系のCランク。
野生のものはムーンブルク地方などに出現する。動物系に動物系と魔獣系の心を与えると転身できる。
習得する特技はかまいたち、マヌーサ、あまいいき。
賢さがちょっと足りないが、序盤にHPと攻撃力が、中盤から終盤にかけてMPと守備力が大きく伸びる。