※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Ⅶ、Ⅸに登場した【ねこまどう】の上位種族。
上位種族に【ベンガルクーン】がいる。

DQⅦ

【湖の洞窟】、過去ダーマ地方、【西の洞窟】に出現する。
こっちの攻撃手段が通常攻撃メインなのに【マヌーサ】を使う嫌な敵。
攻撃呪文は【メラ】だけだが、幻惑されて倒すのに手こずると何発も食らってしまう。
湖の洞窟ではさほど脅威ではないが、キーファの抜けるダーマ以降ではやけに苦戦する。
組む敵によってはかなり危険。
凶悪な面をしているが、マヌーサを唱える際のアクションはかわいい。

DQⅨ

カラコタ地方やビタリ平原という微妙なエリアに生息している。
他の2種類と違い顔は洗わないが、MPが足りないのに【イオナズン】を唱えようとする。
【ベビーサタン】【プチマージ】の遺伝子が混ざってしまったようだ。
Ⅶの時と比べるとマヌケな奴になったが、【イオ】とマヌーサを普通に使えるので実は結構厄介な敵。
氷属性がやや効きやすいので【ヒャダルコ】があれば投入しよう。