※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅧ

一見ただの大きなカエルだが、実は背中に人面が張り付いているモンスター。
系統共通で攻撃されるたびに表裏が入れ替わる習性を持っており、裏の状態だと行動が凶悪化する。
その発想の斬新さと、ブーメラン無双になりがちな序盤のプレイヤーに掣肘を加える教育性は
DQの数あるモンスターの中でも有数の傑作。
上位種に【ランドゲーロ】【ゲロンガー】がおり、系統の最下位種にあたる。

主に【リーザス像の塔】に出現。
表向き(カエルの顔をこちらに向けている)だと通常攻撃しかしてこないが、
裏返っている(悪魔の顔をこちらに向けている)状態だと攻撃力が上がり、火の息やギラを使う。
ブーメランを使用するプレイヤーには思わぬ伏兵。
大量に裏返してギラや火の息を連発され、憂き目を見た人も多いはずだ。
裏返しさえしなければ脅威ではないのでテンションを溜めて攻撃するか、1匹を集中して攻撃するとよいだろう。
ただし、コイツは見た目に反して頭が良い。
守備力の高い相手には通常攻撃をしたがらなくなるので、表面時は100%逃走(テンション上げるだけ無駄)
攻撃して裏面にすると火の息とギラをグループ内で1匹ずつ優先して使用(残りは行動制限で他に手段がないため通常攻撃)
ものすごく練られているモンスター。この系統は上位種も頭がいいので注意。
というわけで、中途半端にレベルを上げて挑むとウザイモンスターだ。

DQMJ

悪魔系として登場。
ジョーカー2では主に雨の時に出現する。カエルだし。
残念ながらシステム的な問題か裏返った状態のままで、行動パターンが変化したりはしない。
所持スキルは「HP回復」。