※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

ⅥとⅨに登場する、【テンツク】の上位種。体の色は黄色。
更に上位種に【ラストテンツク】がいる。
SFC版Ⅵでは仲間にできたり、モンスターズにも出演したりとこの系統の代表として扱われている節がある。

DQⅥ

上の世界のカルカド周辺に現れる。
踊りの道を極めた、テンツクたちの憧れのスター……らしいのだが、
ステータスと体色以外でのテンツクとの違いと言えば、【ふしぎなおどり】を踊るか否かくらい。
実力はテンツクと同時期に登場した【リップス】の色違い、【おばけうみうし】と同じくらい。
あまいいきを使うおばけうみうしの方が幾分か厄介か。

相変わらずさそうおどりも踊るが、こちらに仲間が増えている分危険度は減っている。
落とすアイテムはおどりこのふく。
極めて仲間になりやすいモンスターでもある。ステータスのバランスが良い万能型。
詳細は【ツンツン】を参照。

DQⅨ

ナザム村周辺などに出現。しかし何と虫系。
誘う踊り、不思議な踊りに加え、おうえんで仲間のテンションを上げようとする。
やはりそれほど脅威を感じる敵ではない。
落とすアイテムはみかわしの服、もしくは【イケてるミュール】
ちなみにこいつを「みやぶる」と、全ての踊りを極めようとして、
何と変装してグビアナ城でダンサーをしていたという衝撃(?)の事実が判明する。
それも、【呪幻師シャルマナ】のような手の込んだものではなく、
カツラをかぶっただけの単純な変装でである。
グビアナの人達は、変装したこいつに誰一人気が付かなかったのだろうか?

DQM1、2

獣系として登場している。
1では格闘場右の扉(まどろみの扉)に出現するが、2ではストーリー中に訪れる世界には出現しない。
獣系が出現する不思議な鍵の異世界に出現することがある。
獣系×マッドロン、ダンビラムーチョ×スライム系、その他いろんな組み合わせの配合で生み出せる。
習得する特技はハッスルダンス、しのおどり、まねまね。
HPや守備力、素早さの成長が比較的高めで、それ以外はまあまあと言ったところである。

テリワン3D

久々に復活したと思ったら、なんとGサイズに。
今作では【おおなめくじ】等謎の巨大化を遂げているモンスターが多いが、こいつはその中でも特に異色のモンスター。
Mサイズ程の大きさのスーパーテンツクが7匹集まり、Gサイズ扱いとなっているのだ。
通常攻撃では、真ん中のテンツクが他の6匹を口の中に含んだ後、吐きだして攻撃という【バブリン】に似た攻撃方法を取る。
自然系のDランクで、特性はふういん。通常配合で作れる他、うらみの扉などで野生の者と遭遇できる。
特性は【ギガボディ】、AI2回行動、れんぞく(3回)、おうえん、ときどきシャッフル。+25でメラブレイク、+50でまれにまもりの霧が追加される。
ステータスはHP以外はどれもパッとしない。耐性は3枠らしくマヒ、ねむり、こんらんを無効化できるが、自然系の宿命かマインドには耐性が無い。

ちなみに、体技などを使わせるとChoo Choo TRAINダンスを披露する。
まさか、7匹で1匹のモンスター扱いにしたのはこれをやらせたかったからなのでは…?

トルネコ2

【不思議のダンジョン】の51~56Fなどに出現。
誘う踊りを使うのはテンツクと同じだが、単純に能力が高い。
このフロアは他にも【いしにんぎょう】【あくましんかん】といった厄介な敵が多いため、早めに抜けたい所。

トルネコ3

【密林の墓場】などに出現。2と比べると能力は控えめ。
仲間が踊らされると裏切りの危険があるので、すぐに仲間から離れよう。
この系統で唯一【異世界の迷宮】に出現せず、少し影が薄い。