※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

【ばくだんいわ】の下級種にあたるモンスター。
Ⅶで初めて登場し、ばくだんいわにとっては第2の色違い。
黄色っぽい色が特徴だが、非常に影が薄い。
後述するように、この系統の特徴である自爆系の特技を持っておらず、
その上、他の能力や行動もばくだんいわや【メガザルロック】と酷似しているため、なるべくして影が薄くなっているモンスターと言える。
以前の作品で、ばくだんいわやメガザルロックに苦しめられた人にとっては、拍子抜けもいいところ。
もう少しひねった行動をしてくれれば、それなりに存在感が上がると思うのだが…。
名前に反して笑えないことになっている。

DQⅦ

バロックタワーや過去ハーメリア周辺、プロビナ山洞窟に出現。
ローテーション行動を取り、(通常攻撃 or 力溜め)→笑いながら攻撃→(通常攻撃 or 様子を見る) の順で行動する。
メラ、ギラ、イオ、ザキ系以外の攻撃には弱く、倒すのも全然難しくない。
落とすアイテムは命の石。

DQⅨ

ビタリ山内部のみに出現する。
しかし行動は全く変わっておらず、むしろ周辺のストーンマンやメイジキメラの方が遥かに強敵。
補助系で固めなくても、こいつにやられるプレイヤーはほぼ居ないと思われる。
風系をはじめ属性攻撃は全般的に有効なのだが、コンボを狙って大ダメージを与えるといいだろう。
落とすアイテムは、ばくだん石かつけもの石。
Ⅶ再登場組の多くが目立つようになった今作でも、コイツは雰囲気作りの空気である。哀れ。

少年ヤンガス

実力はさほど高くないが、灼熱~のダンジョンに登場するときは浅い階から登場するため、油断すると危険。
また、しっかりと誘爆能力を身につけているのでようがん石で誘爆させ利用できる。
コイツから自発的に自爆することはない。