※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅶ、トルネコ3、DQMJ2、DQMJ2P、テリワン3Dに登場する、タマゴの姿をしたモンスター。
しばらくするとタマゴが割れ、中から別の魔物が誕生する。
色違いには【ワンダーエッグ】がいる。

DQⅦ

【バロックタワー】と過去の【山奥の塔】に出現。
4ターン目に割れて以下のモンスターのどれかに変化する。
【アイアンタートル】 【あばれ足鳥】 【あまのじゃく】 【キラーマンティス】
【サンダーラット】 【スカイフロッグ】 【スマイルロック】 【ダッシュラン】
【ダンスニードル】 【ドロヌーバ】 【メタルスライム】 【わらいぶくろ】
もったいぶって出てくる割に、孵化するのは周囲に出現するモンスターばかりなので、特に強いわけではない。
おまけに体のデカイ奴が生まれる都合上、隣のモンスターと離れて出現するため、同時に出る数が少ない。
面白い能力ではあるものの、別に強くはない敵。
補助呪文への耐性は高いが攻撃呪文へはからっきし。
HPは高いが、怒涛の羊を使えば割れる前に倒せてしまうだろう。

ちなみにコイツの行動は 攻撃→攻撃→攻撃→割れる→攻撃→【はじけとぶ】 の【グループローテーション】になっている。

トルネコ3

Ⅶ出身モンスターの例に漏れず凶悪化。
1ダメージ化能力を持ち、あらゆる被ダメージを1にしてしまう。HPは6なので6回ダメージを与える必要がある。
……が、相手の攻撃でダメージを受けて倒れなかった場合、一定確率で割れて別のモンスターになる。そのうえ、出てきたモンスターからは先制攻撃をくらう。
普通に殴り続けて割れる前に倒せる確率は低い。そのため、仲間にするにはもろはの杖を使うなどちょっと考える必要がある。
【異世界の迷宮】では【ばくだんいわ】【いしにんぎょう】【だいまじん】【リビングハンマー】【グレイトホーン】【メガザルロック】と極悪なモンスターしか出てこない。
倍速1回攻撃なので逃げることすら叶わない。爆発で消すか、割合ダメージ攻撃をするか、やいばの盾の反射ダメージで倒そう。
反射ダメージではタマゴ割れを起こさないので楽に倒せる。
異世界で刃の盾の合成が重要視されるのは8割方こいつのせいである。
持ち込み不可ダンジョンにも出る分、ワンダーエッグよりもタチが悪い。

ちなみに、仲間にした場合も1ダメージ化能力は健在で、しかも、似た能力を持ったはりせんもぐら系と違い普通に仲間にでき、普通にレベルアップで能力が伸びてくれる。
…のだが、仲間にした場合も一定確率で割れて別のモンスターになってしまい、さらに生まれたモンスターは敵扱いとなる(事実上倒されたのと同じ扱い)。
1ダメージ化能力は強いはずなのだが、このせいで普通のダンジョンでは全く役に立たない。
変身能力を使用しない闘技場では、その異常な硬さを存分に奮ってくれる。


DQMJ2

同系統のワンダーエッグと同じく、スライム系に分類されている。
影のような爪を出して切り裂くモーションで敵を攻撃する。
能力値はそれほどでもない。
最初に選べるモンスターだが、プロフェッショナル版では【リーファ】に変更されてしまった。