※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

リメイク版ⅢとⅨに登場する、トロル系のモンスター。
同種族に【トロル】【ボストロール】【トロルキング】がいる。
こんな名前だが、位置的には王様であるはずのトロルキングの更に上位に当たる。
ダークという名にふさわしく、暗い緑色の身体が特徴的。

不思議のダンジョンシリーズではおなじみのトロル族であるが、なかなかお呼びがかかっていない。
少年ヤンガスでは、トルネコでは出してもらえなかった同じタイプのボストロールは登場出来たのだが、彼は出してもらえなかった。

DQⅢ(リメイク版)

隠しダンジョンの前半ほぼ全域~後半の塔にわたり生息。
330と馬鹿みたいに高い攻撃力を誇り、その腕力で痛恨の一撃まで放つ恐怖のモンスター。
痛恨を繰り出されると、高レベルの戦士でさえ一撃で葬り去られる事もある。
しかし、こいつの何よりも恐ろしいところは、それに加えてバイキルトを唱える事。
圧倒的な腕力を呪文で更に底上げするあたり、自分の能力をわきまえている奴と言える。
凍てつく波動を味方が使えないⅢにおいては、こいつのバイキルトはそれだけで脅威となる。
さらにバイキルトは自分以外にもかけられるので【てんのもんばん】 なんかにかかると最悪。
洞窟フロアの【キングヒドラ】など、2回行動する奴にバイキルトをかけられるのもたまらない。
しかもマホトーンやマホトラは効かない上に、ザラキやラリホー、メダパニの効きも悪い。気休めにしかならないが、マヌーサで攻撃のミスを誘おう。
攻撃呪文には耐性は無いが、HPも700と非常に高いので、こちらもバイキルトを使って攻撃していこう。
あたまがさえるほんを割とよく落とす。バイキルト戦法はこれで覚えたに違いない、と納得したプレイヤーは多いのではなかろうか。

DQⅨ

その後トロル系が登場したⅥやⅧでは出させてもらえなかったものの、Ⅸにて久しぶりの再登場を果たす。
宝の地図の洞窟のうち、高レベルかつ洞窟と火山地形のものに出てくる。
かつてのバイキルトを操るクレバーな面は失われており、行動は通常攻撃と痛恨だけになってしまった。
しかし、それでもトロルキングの上位種のポジションはキープしており、最大HPは1176、攻撃力も454(ボスのアトラスとほぼ同値)と非常に高い。
特に2体同時に現れると、こちらのレベルが低い内は間違いなく苦戦を強いられるだろう。
宝の地図の洞窟にしか出てこない強豪モンスターなのだが、何故か「旅人にとって腕試しに丁度良いモンスター」として紹介されている。旅人パネェ。
とはいえ、宝の地図にしか出てこないモンスターの中では確かに弱い方なので、戦歴での説明もあながち間違ってはいないかも知れない。
見た目通り光属性が弱点なので、ライトフォースを使ってひたすらはやぶさ斬りなどで殴りまくるのが効果的。
痛恨も守備力非貫通タイプなので、スクルトを使えばとても楽に戦えるだろう。
パラメータを下げる攻撃も効くので、ヘナトスややいばくだきで無力化してしまうのもよい。
落とすアイテムは、まりょくの土か女性盗賊専用装備のぎぞくのチュニック。