※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

DQⅦの【四精霊】のうちの一人。ごつごつした岩男のような姿をしている。
砂漠地方のすべてのものに宿っていると言われ、砂漠の民によって崇められている。
四精霊の中では最も厚く信仰されている精霊であり、砂漠地方に行けばすぐに彼の話が聞けるだろう。
彼の姿を模した【大地の精霊像】も建てられている。

作中の姿とは全く似てないが、砂漠の住人曰く大地の精霊は複数の姿を持ち、この像はそのうち戦いの姿とのこと。
主人公達と戦う時は手を抜いていたのだろうか?
なお、ドット絵なので分からないが、実際に大地の精霊像と同じくらいの大きさはあるらしい。
精霊集合のときは他と同じ大きさなのだが…小さくなったのだろうか。
地震を起こして砂漠のモンスターを一掃し、力を見せ付けたりするが、
【オルゴ・デミーラ】の尻尾一振りで撃退されるのは他の精霊と同じ。

召喚方法は彼の絵を砂漠に描くことなのだが、これが似てないことで有名。
顔集めのイベントでじらしておいて、いざ顔が完成するとそこが一番ひどい。
きっと砂漠の民は大地の精霊で福笑いをしているのだろう。

【シャーマン(人間)】が絵を描く時に、以下のように如何に大地の精霊が強いかを説明してくれる。
いかなる獣よりも強く、いかなる王よりも賢い。肌は岩のように硬く、剣も槍も通さない。
いかなる神殿の柱よりもしっかり大地に立つ足。砂漠の全てよりも広い背中。
ライオンを片手で倒す強い腕。ナイラの流れを堰き止める大きな手。
目は いかなる闇をも 明るく てらしだす。口は かたく閉ざされ 時のみが それを開く。
耳は ふたごにわけた 心から うまれた。鼻は この世のだれよりも高く だれよりも 低きに。

【更なる異世界】で四精霊と戦えるが、その中では一番危険。
【じわれ】を使うのだが、結構命中率が高いのでいきなり2人死んだりすることもありうる。
その他にも痛恨の一撃で三桁ダメージを喰らわせてくる。
ただ、オルゴ・デミーラにやられたということで、実力的にはオルゴ・デミーラより下。
地割れにさえ気をつければ大したことはない。
確率は低いが眠りが効く事もあるので、【ラリホーマ】などがあるなら使うのも手。