※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

アリクイのような長い口と舌を持つ、ピンクの魔獣。
舌を持って振り回し攻撃してくる。
その内だいまじゅうに成長するのだろうか?
…まあ「ちゅう」というのはその口吻の形状から「キス・接吻」の俗語が元だろうが。
【ストローマウス】の下位種。【あめふらし】とは同色。

【カラーストーン採掘場】の最深層で初登場。
ときどき様子を見るが、なめまわしを使うこともある。
【オニムカデ】などの最弱クラスより一回りステータスが高い。
レベル1でカラーストーン採掘所に突っ込んだプレイヤーを返り討ちにするのが仕事。
【マチルダ】さんがいる内にレベルを上げておこう。
この後、【東の塔】にも出る他、エンゴウ、オルフィー地方の地上にも出る。
ドロップアイテムはせいすい(1/128)。

トルネコ3

なめまわしで数ターンかなしばり状態にするがあまり意味はない。
また不思議のダンジョンシリーズでは珍しく様子を見るだけでターンを消費してしまうこともある。
本編からのあまりにも捻りのない設定に当時のチュンソフトの凋落っぷりを垣間見れる。
少々強いが様子を見ることも多いので、何とかなることが多い。
あめふらしを見てからこいつに遭うと、特に【200階プレイ】の最中では激しく違和感を覚える。