※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

リメイク版Ⅲの隠しダンジョンに登場する、【うごくせきぞう】【だいまじん】の上位のモンスター。
天の門番という名にふさわしく、神々しい金色のボディが特徴。
GBC版では更なる上位種として【はがねのきょぞう】がいる。

名前からすると、邪悪な魔物の類ではないように思える。
恐らくは、天界に侵入する不届きな輩を追い払う役目を負った、いわゆる天使の一種なのだろう。
しかし、その考えは決して勇者たちに向けられることはなく、【デーモンソード】【バラモスエビル】といった見るからに邪悪な魔物を放置し、
あまつさえ一緒に襲いかかってくるのが気にかかるところだが…。

現在のところ登場作品はリメイク版Ⅲのみで、うごくせきぞう系が登場したⅥとⅧ、Ⅸにも、外伝にさえ一切登場できていない可哀想なモンスター。
Ⅷには登場地域としてふさわしい【天の祭壇】というダンジョンもあるのだが、ここでも出演していない。残念。
Ⅸにも同系統のモンスターは出てくるのだが、Ⅸの主人公は天使であり「天の門番」と戦う必要が無く、
更に同作の高レベルのモンスターは宝の地図の「洞窟」のみに出現するため、こいつが出現すると自らの「天の」というネーミング自体に無理が生じてしまうので、ある意味仕方ないのかもしれない。

DQⅢ(リメイク版)

ゼニスの城を抜けた隠しダンジョンの後半の、しんりゅうの塔に出現する。
行動は通常攻撃と痛恨の一撃、それも1回行動のみ。
しかし攻撃力が350とリメイク版を含めたⅢの全モンスター中1位というとんでもない腕力を誇っている。
その腕力から繰り出される痛恨の一撃は、高レベルの戦士系でも一撃で葬り去ることさえある。
HPも700と圧倒的な数値を誇っており、3体同時に現れたら相当なダメージを覚悟する必要がある。
【バシルーラ】【ベホマラー】を使う【ほうおう】や、【バイキルト】を使う【デビルウィザード】【ダークトロル】と現れた場合、更に危険度が増す。
攻撃呪文も炎系・デイン系以外には耐性があるので、バイキルトを使うといいだろう。
スクルトで身を守りつつ、比較的効きやすいメダパニ・バシルーラを使うとよい。効きにくいが、ザキ系に頼るのも手だ。
動きを止めたら、イオナズンやメラゾーマも惜しまず投入して出来る限り早めに数を減らしたい。
かなりの強敵だけあって報酬は非常に多い。落とすのは【いかりのタトゥー】

同ダンジョンは異常なまでに逃走可能レベルが高く、平均レベル75を超えたパーティでも逃げられないことが多い。
下手に逃げると傷が広がる可能性が高いので、猛攻をかけて出来る限り早めに数を減らすことが重要だろう。