※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラバンハート、テリワン3Dに登場するモンスター。
角の生えた骸骨の仮面を付けたモンスターが、異次元のような穴から顔を出している。

DQMCH

見た目的にはゾンビ系か悪魔系に属していそうだが、物質系。
転身方法は【さまようしんかん】あくまのカガミやらじごくのもんばんやらの心を組み合わせる。
不気味な光や闇の波動、ザキといった、ザキ耐性に関係する特技ばかり使う。
つまり、ザキ耐性があれば何も怖くないわけである。
【竜王の城】に出現するが、この時点で【ギスヴァーグ】を一度倒しているパーティーであるため、恐れる必要はない。

テリワン3D

ゾンビ系Aランクとして再登場。サイズは2枠。
デザインが微妙に似ていた(?)せいなのか、モーションは【じげんりゅう】のものが流用されている。
もしかしたら本当にじげんりゅうが白骨化した存在なのかもしれないが、
当然ながらこいつがじげんりゅうの素材になることは無く、その逆もまた然り。

適当な位階配合で作れるほか、光あふれる地に野生の個体が出現する。
特性は「メガボディ」「AI1~2回行動」「みかわしアップ」「ドルマブレイク」。
+25以上で「ひん死で呪文会心」、50以上で「プレッシャー」が追加される。

能力値は攻撃力を除けばまずまずといったところ。
光あふれる地で出るタイプは、ベタン、ベタドロン、ギガデイン、ドルモーアを使用。
ベタドロンはHPが高いほどダメージが増えるため、地味に鬱陶しい。
だが判断力は低く、こちらが「つねにマホカンタ」持ちモンスターだけであろうが
黒い霧が展開されていようが、お構いなしに呪文を使う。
一応通常攻撃も使うが、確率は低めである。
マヒ耐性が極めて低く、マヒ攻撃などで容易に行動を封じられるため
バウンティハンターのスキルを持つモンスターがとても役立つ。

こいつと【りゅうおう】(人型)か【オルゴ・デミーラ】(人型)で【大魔王の右手】が、
【ハーゴン】【ミルドラース】(人型)で【大魔王の左手】が生み出せる。
【いわとびあくま】と同様の例だが、何故か素材の方が位階が高い。
こいつを使った特殊配合はこれだけな上、右手と左手も配合素材にはならないので、
図鑑埋めの為に配合する以外に使い道はないだろう。

所持スキルは「ダイナマイト」。