※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

【ひとくいばこ】に似たモンスター。
宝箱の中から長い舌を出した骸骨のような奴(いわゆる「中の人」のような存在)が出てきており、
両手にあたる部分の先端には箱の上半分左右各々があり、地面に付けた状態の下半分からは下半身にあたる部分が出ている。
どんな身体の構造をしているのか本当に気になる。
出てきている奴が、本当にひとくいばこや【ミミック】【パンドラボックス】の中の実物なのかどうかは不明。
暗闇の中で怪しく光る目はこいつの目なのだろうか?
亜種に【キングミミック】がいる。

DQⅧ

【剣士像の洞窟】のボス。
DQ本編のボスとしては、宝箱を開け(調べ)て戦闘になる意外にも初のケース。
「美しくないものは口に入れない」らしいが、口とは箱の中のことなのか骸骨の口のことなのかは不明である。
80程度のダメージの痛恨やヒャダルコで攻撃し、ラリホー、メダパニでこちらの行動を妨害する。
テンションを溜めた味方が混乱したら大変なので、テンションを溜めて攻撃するのはやめたほうがいい。
効く呪文はメラ系、ギラ系、バギ系だが、恐らく戦う時点ではほとんど覚えていない。
猛毒が効くのでポイズンダガーが有効だが、この為だけに短剣スキルを伸ばしているプレイヤーも果たしているのかどうか…。
ルカニは効かないので、ひたすら攻撃していくのが一番だろう。
倒すと重要アイテムの一つである【ビーナスの涙】を落としていく。

なお、最深部の直前にある石碑を調べておくとHPとMPを全快できるので是非やっておこう。

DQMJ

物質系のSランクで、ラストダンジョンの外観部の赤い宝箱に擬態している。
通常のワンチャンスのモンスターと違い、逃げられないので万全を期して挑もう。
配合で作るならメタルカイザー×ひとくいばこ×ミミック×ミミックの4体配合。
メタルカイザーを使ってしまうのは非常にもったいない上に、こいつを使った有用な配合は無い。
決して弱くは無いのだが、配合で作る必要は無い。ラストダンジョンのものを仲間にしよう。
所持スキルは【ホラー】

DQMJ2、DQMJ2P

能力や耐性は前作と変わらないが、特性に【ギャンブルボディ】が追加された。
今作では配合限定のモンスターで、レシピは前作と同じ。コイツ自身はあまり使われないが、【サージタウス】の素材になっているため、そちらで利用されることが多い。

プロフェッショナルではブランパレスに野生の個体が登場するようになり、入手しやすくなった。
ただし、ギャンブルボディでスカウトアタックを無効化されることがある点には注意。