※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅵに登場するモンスター。
【ようじゅつし(Ⅵ)】【あんこくまどう】などの色違い。

DQⅥ

【牢獄の町】を支配する【アクバー】の配下であり、普段はギロチンの刃を磨いている。
公開処刑を防ごうとする主人公たちの前に、【ゾゾゲル】とタッグを組んで立ちはだかってくる。

HPをはじめとした各能力、耐性の全てにおいて優れており、弱点らしい弱点もない。
行動は完全にメダパニ → 通常攻撃 → ザラキーマ → 様子を見る → ベホマラー → ムラサキのひとみに固定されている。
【ムラサキのひとみ】は全体を確実にマヒさせるという反則的なもの。
対抗手段は一切存在せず、普通に進めていれば絶対に敗北することになる、いわゆる負けバトルである。
メダパニ、ザラキーマも厄介なのでムラサキのひとみがくる前に普通に全滅することもあり得る。
しかし、困難ではあるものの、6ターン以内に7000ものHPを削りきれれば倒すことは不可能ではない。
ただし、苦労して倒しても、戦闘終了後には負けたことになっている。

なお反乱決起中は反乱軍の眠り薬入りのぶどう酒を飲んだせいで眠りこけてしまっており、
アクバーを倒すと他のろうごくへい達共々消滅してしまう。
そのため残念ながらリベンジは出来ない。