※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅰ、Ⅴ、Ⅷ、Ⅸなどに登場する【ドラキー】系最上位種。
外見はまんま黄色いドラキーである。
作品によって「進化したドラキー」「ドラキーたちの母親」などと設定が異なる。

DQⅠ

【岩山の洞窟】の地下2階、【ガライの墓】の1階に出現。
【メイジドラキー】も唱えたギラに加えてホイミも使ってくる。HPが少ないのでホイミは実質的にベホマである。
リメイク版ではたまに逃げるようになった。

DQⅤ

【氷の館】のみに出現。【ゆきのじょおう】を倒すとすごろく場以外ではお目にかかれなくなってしまうので図鑑登録は忘れずに。
Ⅰのギラがラリホーに変わった。ホイミを自分にしか使わないなど自己中心な一面も。
しかしカパーラナーガと一緒に出てこられると危険。出来る限り早めに倒したい。
落とすアイテムはたびびとのふく。

DQⅦ(3DS版)

【トクベツなモンスター】No.007。
【冒険者たちのみちくさ】に登場する。
ラリホーなどの魔法を唱えるが、特別強いモンスターというわけではない。
落とすアイテムは【たびびとのふく】

DQⅧ

【旧修道院跡地】やアスカンタ国領、リブルアーチ地方などに出現。
行動はⅤと同じだが、MPが6しかないので息切れが早い。
「ドラキーのママ」説はここで登場。ラリホーは子供たちを眠らせるための子守唄が変化したものらしい。
落とすアイテムはまんげつ草かこうもりの羽。
まんげつ草はともかく、こうもりの羽って自分自身の身体のそれじゃないのか?

DQⅨ

主に【ダーマの塔】に出現するが、それ以外でもいたる場所でおともで出現する。分類は鳥系。
やはりラリホーを唱えるが、前作と違い出現数は多くない。
更にこちらのラリホーもよく効くので、同種だけならさほど恐れる必要はない。
強敵のお伴として出た場合は先に片づけよう。
落とすアイテムはこうもりのはねかきんのゆびわ。

不思議のダンジョンシリーズ

不思議のダンジョンシリーズではトルネコ2から登場。
トルネコ2、3では純粋にステータスの上がったドラキー。特に呪文を唱えたりはしない。
トルネコ3においてはやや仲間になりにくいものの、成長タイプ【普通・早熟】の中では高い能力を持っており、
本編クリアあたりまでは頼もしい戦力となってくれる。
少年ヤンガスではかなりの曲者。
マヌーサで空振り状態にし、ベホイミで回復し、ザオラルで仲間の復活を行うなど嫌らしい特技ばかり使う。
きまぐれ持ちでなかなか近寄ってこないこともあるのがまた嫌らしい。
仲間としては、上記の呪文はなかなか強力。きまぐれ持ちが惜しまれる。
ちなみに、野生で出現するのは本編クリア後だが、本編クリア前にメイジキメラ×スライム系などで作れる。

DQMB

一章から登場。一章では敵専用モンスターとしてだが、二章からプレイヤーも使用可能となった。
ステータスはHP:525 ちから:38 かしこさ:84 みのまもり:42 すばやさ:81。
使える技は「こもりうた」と「はばたき」。
前者は子守唄を歌って敵全員を眠らせるブレス技で、後者は羽ばたいて敵1体を竜巻で包み込む特技。
普段は相手を眠らせる事に専念し、風に弱い相手がいる時だけ「はばたき」で攻撃した方がいい。

主人公の職業が魔法使いだと、はばたきが敵全員を攻撃する「たつまき」にパワーアップ。
【ドラキー】【タホドラキー】とチームを組むと、合体して【グレートドラキー】になる。