※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

モンスターズシリーズ3作目。2003年3月29日発売。機種はGBA。
2003年4月1日をもってエニックスはスクウェアと合併したため、エニックス最後のソフトとなった。
ゲームデザインは石川文則。

主人公は10歳の【キーファ】
バルコニーから飛び降りて城を抜け出そうとして父・【バーンズ王】にどやされ、逃げるキーファ。
彼の逃げ込んだ先は自分の部屋のタンスの中。すると、不思議な声が聞こえてきた。
声の主の名は、【幻魔王マガルギ】。彼女は窮屈な城を抜け出し、冒険してみないかとキーファに問う。
話が終わり、タンスから出たキーファの目の前には不思議な光る渦があった。
渦に飛びこんだキーファを待ちうけるものは…?

これまでのモンスターズシリーズとは違い、ストーリーを大きく重視したゲームになっている。
フィールドマップは【ドラゴンクエストⅡ 悪霊の神々】のものと非常によく似ており、街やダンジョンもⅡのものとほとんど同じ。Ⅱのプレイヤーには懐かしい場面もあったりして、【ロトシリーズ】のファンを意識した世界観となっている。
システムも大きく変わっており、モンスターの強化方法は【配合】に替わって【転身】が用いられている。
そして前作までとの最大の違いは、馬車を利用した【キャラバン編成】であり、Ⅳ~Ⅵに登場した馬車システムとは大きく異なる。
これにより、モンスターズ1、2で猛威を振るったばくれつけん、マダンテ、ビッグバン、ジゴスパークなどの強力特技が徹底的に削除されたため、最強呪文はギガデインになってしまった。
その他にも移動する際減っていき、歩く場所によって減り方が違う【食料】システムや、フィールドを移動していると戦闘以外の何かが起こる【フィールドイベント】など、他のDQと比べても斬新なシステムが非常に多かった。
その為、本作は「ドラゴンクエストモンスターズ」と言うよりも本編Ⅱをアレンジした「ドラゴンクエスト2.5」と言った方がしっくり来るかもしれない。

発売前の宣伝の少なさや食料システムの酷さが響いたせいか、売上は前作であるモンスターズ2の半分以下となった。
また、2012年5月には前々作にあたるモンスターズ1が3DSでリメイクされ、2014年2月には立場上前作にあたるモンスターズ2も3DSでリメイクされる運びとなった為、本作も3DSでのリメイクが期待されている。しかし、それまでのリメイク作品で使われているジョーカーシステムでは本作独自のシステムは到底再現できない為、それらをどうやって3DSで再現するのかは少々見物である。