※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅴに登場したマヌケ面のドラゴン。
「マッド」が「泥」なのか「狂った」なのかはよくわからないが、いずれにせよロクな意味ではない。
見るからに何も考えてなさそうな焦点の合っていない目、胴体や首に比べて明らかにデカい頭、変なヒゲなど、とにかく格好悪い。
正統派なドラゴンのデザインが出尽くしたのか、これ以降のドラゴンは【バルンバ】などの一風変わったキャラが多くなる。
体色は青で、上位種に赤い【ボスガルム】が存在する。

DQⅤ

【ネッドの宿屋】の周辺や【チゾットへの山道】などによく出てくる。
SFC版ではドットが荒く、どう見ても白目を剥いているようにしか見えない。格好悪いを通り越して不気味。
PS2版では中々コミカルな動きを見せてくれる。
見た目通りに攻撃力が高く、わしづかみの強化攻撃で攻撃してくるが、たまに逃げる。
ヒャド以外の攻撃呪文・ブレスに耐性がないのでさっさと倒そう。
ドロップアイテムは【かしこさのたね】(1/64)。彼なりに知能の低さには悩んでいたのだろうか?
なお、わしづかみはコイツの他に【ブラックドラゴン】系の敵が使用するが、両方とも体に対して腕は小さい。
ブラックドラゴンが片腕で掴み上げているのに対し、コイツは短い両腕で一生懸命掴もうとしてくる。

仲間にすることもできる。
攻撃力は申し分ないが、足が遅い上に装備できる防具が少ない。ボス戦向けか。
賢さの初期値は低いが割とすぐ20を超えてくれるので、防御面の貧弱さを上手くカバーしてやれば攻撃要員としてはそこそこ。
詳細は【マッド】にて。

DQM1、2

モンスターズでもⅤでの特性が悪い意味で最大限にまで生かされている。
MP、守備力、賢さなどが最低の伸びを見せ、HPや攻撃力もそれなりにしか上がらない。
耐性も微妙。おそらく使えなさではトップクラスではないだろうか。
こんなのを連れて鍛えている他国のマスターさんは偉い。
耐性や能力値では最低クラスに甘んじるものの、【みなごろし】【さそうおどり】【まじんぎり】を自前で覚え、ボス戦で一発食らわせる際などに有用。
配合も【フーセンドラゴン】×獣系の組み合わせで手軽に生み出せる。
他にもドラゴン系×ストロングアニマルの配合でも可。
野生の個体は1では【がんこじいさんのとびら】に、2ではルカ編のみ天空の世界のフィールドに出現する。
しかしドラゴン系であるため、レベルは上がりにくく上がっても能力値は大して伸びない。
結局そのままでは使えないことに変わりは無いのであった。
これを親にして生み出せるモンスターに【アンドレアル】【グレンデル】【イエティ】【スーパーテンツク】がおり、PS版ではこれに加えて【メタルドラゴン】も生み出せる。
なお、1の格闘場ではBクラス決勝及びほしふり大会2回戦の一員として登場。
一転、みなごろしの暴発がうっとうしいモンスターと化している。

DQMCH

魔獣系のCランクとして登場。
今回は素早さ以外が良く成長する。習得する特技は【どくのいき】【すてみ】【メガザルダンス】
野生の個体は【ロンダルキアへの洞窟】などに出現する。
魔獣系に動物系の心と物質系の心、もしくは【おおなめくじ】【ドラキー】の心、【いわとびあくま】の心、【とげぼうず】の心いずれか異なる2種類を与えると転身できる。
しかしこれを元にした特殊な転身はない。

DQMJ2P

ジョーカー1、2では登場しなかったが、プロフェッショナルで復帰。ドラゴン系Cランクで、Sサイズ。
特性は「AI1~2回行動」「どくブレイク」「いきなりブレイク封じ」。
位階配合で作れるほか、遺跡エリアで野生の個体をスカウトすることも可能。

やはりHPと攻撃力が高めだが、それ以外の能力は異常なまでに低く、能力合計は全モンスター中最低の値である。
1枠のAI1~2回行動持ちは全体的に能力が抑えられている者が多いが、それにしても低すぎる。
弱点が多い上にザキが普通に効いたりと、耐性もこれといって見るべきものはない。
一応、最強種を作ることも可能で、特性に【きょうせんし】が加わり、息ふうじと斬撃ふうじを無効化できるようになる。
能力も若干上昇するがそれでも低いことに変わりはなく、最強種としては最低の値である。
以上の点から、相当の工夫と愛があっても使い辛いことこの上ないモンスターであるといえる。
所持スキルは【あらくれ】

その他

バトル鉛筆では、何故か妙に知能が高く、アイテムを使いこなす。
強力な爆弾石を使ったり薬草を使ったりするが、キメラの翼を使って逃げるという珍行動もある。駄目だこりゃ。