※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅤ

【ボブルの塔】にて【ゲマ】が口にするセリフ。
あの憎き父の仇を忘れるはずがないと堂々と「はい」を選ぶと
「ほっほっほっほっ。そんなことはどちらでもいいでしょう。」
と、自分から質問しておいて「どちらでもいい」と斬るというこちらの神経を逆なでするような真似をしてくれる。
「いいえ」を選んでも同じ台詞が聞けるのだが、父の仇である自分をあっさりと「覚えてない」と言われてしまったゲマの胸中やいかに。