※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅲに登場するダンジョン。
トルネコ3にも同名のダンジョンが登場するが、それについては【いざないの洞くつ】を参照。

DQⅢ

【アリアハン】大陸を脱出する際に通る洞窟。奥には【ロマリア】近辺へいざなう旅の扉がある。
しかし、中に入るとすぐのところにある壁が行く手を阻んでいるため、【まほうのたま】で破壊する必要がある。
リメイク版ではその崩壊させた壁のすぐ先に【ふしぎなちず】がある。
冒険者はこの地図を手にすることで、これまで冒険してきた地域が世界の片隅の小さな島にすぎなかったことを知るのだ。ニクい演出である。

内部は地面に裂け目がいくつも広がっており、回り道をしないといけない。
洞窟内には、この段階ではありがたい【せいなるナイフ】の入った宝箱もある。装備もしくは次に訪れるロマリアで売却して他の装備の購入資金とすれば、パーティを強化できる。

敵モンスターでは、集団で登場し仲間1人に集中攻撃を仕掛けてくる【おばけありくい】に注意。
ターゲットにされた仲間はすぐに防御させよう。ギラがあるととっても楽。
なお、このモンスターはここにしか出現しないので、GB版で【モンスターメダル】を集める時はよく覚えておこう。
また、【アルミラージ】【まほうつかい】も引き続き出現するが、ここでは同時に2匹ずつ、計4匹で出現することがあり非常に危険。
アルミラージに眠らされたあと、手も足も出せないまま魔法使いにメラで焼かれ続けるという恐怖の全滅パターンがある。
特にFC版は魔法使いのMPが10と高めで、より危険度が高い。
この場合は、メラのダメージは覚悟の上でアルミラージから先に倒すようにしよう。
更に、序盤の強敵【キャタピラー】も出現する。これは出現数は少ないが純粋に強いタイプ。
FC版でも十分強かったが、リメイク版ではHPのアップとスクルトの習得で大幅に強化されている。呪文を惜しみなく使うべし。