※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅤ

Ⅴの【ラストダンジョン】で、名前の通り山。山頂と思われる場所に【マーサ】が居る。
内部は自然の洞窟ではなく、人工物のようになっており、多数のトラップが仕掛けてある。
ここでのダメージ床は、SFC版ではトゲ床、PS2・DS版では毒沼。どちらもダメージは同じ。
トゲ床は普通の床に白いマキビシのようなものが敷かれている外見の為、最初はダメージ床だと気づきにくいかも。
PS2・DS版では宿敵【ゲマ】と最後の戦いをする。
なお、【ミルドラース】の直属の部下のためなのか、ここではモンスターが決して仲間にならないので注意。
名前の通り山に造られたダンジョンであり、
入口から進入し、一旦頂上まで登った後、再度山の内部へ降りて行き、奈落の上の谷を渡り、
ラスボスが待ち構える場所へ向かうという構造になっている。
前述通り中はトラップだらけで、一つ一つ謎を解かなければ先には進めなかったり、
キーアイテムが滑る床に囲まれていたりと、頭を使いつつ、最強レベルのザコ敵との戦ってゆかなければならない。
ただし、階層によってはモンスターが出現しない場所もある。

やっと逢えた母との余りにも短い邂逅や宿敵との決戦など、否が応にもプレイヤーのモチベーションは高まってゆく。
なお、Ⅳの【デスキャッスル】と違い、最初から最後まで馬車が入れるので、常時戦略が立てやすいダンジョンとも言える。