※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅵに登場するモンスター。
うかつに姿を映した者を呪い殺すといわれた鏡に命が宿った魔鏡。
紫色の身体が特徴で、素早くモシャスを唱えて冒険者に変身してしまう。
大きな鏡が目立つが、骨ではあるもののちゃんと顔も腕も足も尻尾もある魔物である。
系統最上位種で、下位種には【あくまのカガミ】【ホーンテッドミラー】がいる。

DQⅥ

牢獄の町周辺や、ラストダンジョンである【ムーアの城】、隠しダンジョンに出現する。
1体×3グループのセットで現れることが多い。
行動は通常攻撃とモシャスのみ。下位種とは違い、まぶしい光もメラミも使わない。
下位種と同様に高いHPと守備力を誇り、さらに素早さも150と高いため、先制してモシャスを使われることも多い。
さらに耐性も非常に優れており、デイン系以外の呪文は全く効かない。炎・吹雪・岩石系の攻撃は有効。
落とすアイテムはぎんのむねあて。

そしてこの系統に関しては今更言うまでもないだろうが、この時期には勇者に転職した主人公や、
賢者をマスターしたキャラクター、ドラゴンをマスター済みのドランゴなどを主力としたパーティを組んでいるプレイヤーも多いはず。
そう、彼らに変身されてしまうと……

 『○○○○もどきは ザラキーマを となえた!(ry』
 『ドランゴもどきは ぜんしんを ふるわせ つめたく かがやく いきを はいた!(ry』
 『○○○○もどきは じごくから いかずちを よびよせた!(ry』
 ○○○○たちは ぜんめつした!

このような地獄絵図が展開されかねないので、さっさと片付けてしまいたいところ。
幸い【岩石系】には耐性を持たないため、攻撃力が高いキャラが正拳突きを連発する戦法が有効。
また、凍てつく波動があれば変身状態を解除することができる。もし使えるのならばもちろん毎ターン使おう。