※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

金色に輝く身体が特徴的なランプのモンスターで、ランプ系の敵としては唯一ⅥとⅦの両作品に登場している。
同種に【エビルポット】【まおうのランプ】【ブドゥのランプ】【みわくのランプ】、亜種に【グレイビーポット】がいる。

DQⅥ

【マウントスノー】【ザクソン】の周辺に出現し、スカラやルカニを唱えたり、【ランプのまじん】を呼ぶ。
デイン系以外の攻撃が効きにくい上に、守備力が210ととんでもなく高い。しかもこちらのルカニは効かないという嫌なモンスター。
こいつ自身にスカラをかけられると最悪の敵と化す。この時点では強敵であるランプのまじんを呼ばれるのも厄介。
但し、【ザキ系】が効きやすいのが救い。直接攻撃はかわされる事があるので、きゅうしょづきよりザキ・ザラキで倒そう。

落とすアイテムは、【まもりのたね】

DQⅦ

【魔空間の神殿】の4階~7階に出現するが、出現率は低い上にここにしか生息していない。
所持金がやや多いからか、あるいは【のろいのランプの心】を落とすためだろうか。
マホトーンを使うほか、Ⅶでは欠席している魔王のランプに代わって【ランプのまおう】を呼ぶ。
守備力は107と前作の半分しかないが、攻撃力は割と高い。しかも呼んでくるランプのまおうは本来ならDISC2に出現する強敵。
呪文耐性は低くなっているが、ザキ系は効かないので注意。
通常ドロップアイテムは【かしこさのたね】

なお、同じくⅦに登場する【呪いのボトル】【呪いのつるぎ】は「呪い」が漢字であるのに対し、何故かこいつだけは「のろい」と表記が平仮名になっている。

3DS版

一匹目 二匹目 三匹目
3DS版での名前 ノーラン アラッド カナ
【すれちがい石版】でも出すことが出来るようになったので、心集めの時に低い出現率に悩まされることは無くなった。

DQMシリーズ

いずれも物質系。
物質系×【ふゆうじゅ】が基本的な作り方。やっぱり守備力が高い。
ピオリム・スクルト・バイキルトと見事に強化呪文ばかり覚える。
1では【図書館のとびら】序盤に出現。
上記の強化呪文で【アークデーモン】をドーピングしまくって殴りかかってくる恐怖の敵である。

2では砂漠の世界のボス。
随分と大人しくなり、薬草があればまず負けることはないだろう。勝つと必ず仲間になる。
スクルトが便利な上、ステータスも他のモンスターより高いのでパーティに投入して損はしない。

ちなみに、Ⅶにおいて相方であるランプのまおうは2で共演しているのだが、配合面でもストーリー上でも何の絡みも無い。
悲しいまでに赤の他人である。
おまけにジョーカーシリーズやテリワン3Dでの出番はエビルポットに取られてしまった。