※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅳの終了時から【トルネコの大冒険】へ到るまでのトルネコ一家の冒険を描いたマンガ。
監修/【堀井雄二】、脚本/小松崎康弘、作画/【村上ゆみ子】。全4巻。
世界が平和になり、退屈していたトルネコのもとに物凄い宝物が眠るという【不思議のダンジョン】の噂が舞い込む。
家族の後押しもあって、トルネコは家族と共に不思議のダンジョンを探す冒険の旅へと出るという内容。
シリアスな展開もあるが、ギャグ色がかなり強い。
8枚の地図を集めれば不思議のダンジョンへの道が開けるというお約束の展開だったが、終盤で追い詰められたアークデーモンがその大半をあっさり渡してくれる。
他にもスライムが仲間になったり、シルバーデビル、ガーゴイル、ギガンテスの3匹に付け狙われたりと、中々面白い&興味深い作品。
トルネコの大冒険に登場するモンスター全員が登場する点も良い。