※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅤ

Ⅴに登場するモンスター。
【ホースデビル】【メッサーラ】系統の最上位種にあたる悪魔で、青色の身体をしている。
【封印の洞窟】の周辺や内部、【大神殿】に出現する。
通常攻撃とメラミの他に、世界樹の葉で蘇生してしまう厄介な敵。
世界樹の葉を使うモンスターとしては、Ⅳの【ブラックマージ】に次いで2例目。
世界樹の葉の使用率はかなり高く、優先して倒さなければならない。
HPも高いが、ザキ系以外の攻撃呪文・特技はほぼ有効なので、特に封印の洞窟で他の敵と現れたら真っ先に倒そう。
大神殿には、同じく世界樹の葉を使う【ダークシャーマン】も居るが、幸いにも同時に出現するケースはほぼ無い。
ドロップアイテムはもちろん世界樹の葉。
系統最弱種と同じ呪文を使うからといって弱いわけではない、という珍しいタイプのモンスターと言える。

ちなみに「バルバロッサ」というのは、神聖ローマ帝国の皇帝、フリードリヒ1世の異名。
独ソ戦開始時の作戦名にも使われた。 歴史を感じさせる名前でもある。
また、バルバロッサは祖国のピンチの際には蘇って兵士と共に戦う伝説が残っている。
おそらくこの蘇りっぷりが世界樹の葉を使う仕様になったと思われる。
自力で蘇れないのは内緒。