※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅲ、Ⅵ、3DS版Ⅶ、Ⅸに登場した、炎系の【ギズモ】で赤い色をしている。
【ギズモ】の上位種であり、【フロストギズモ】の下位種。
特技の効く効かないがはっきりしているモンスターで、いずれの作品でも、ラリホーからヒャド系・バギ系呪文という攻めが有効。
確かにヒャドには弱そうだし、バギを食らったら消し飛んでしまいそうな気はする。
Ⅲの開発中は「ヒートスモーク」という名で宣伝されていたが、発売前に変更されている。

DQⅢ

【アッサラーム】の東方~【バハラタ】周辺の地上に出現。
【ひのいき】での全体攻撃が得意。
ラリホーを唱えれば大人しくなるし、唱えるまでもないかもしれない。
落とすアイテムは【ラックのたね】

DQⅥ

【モンストル】周辺と【ムドーの島】に出現。
相変わらず火の息を吐くほか、【ギラ】を唱えることもできる。
【エビルポット】が呼んでくる事もある。
ラリホーとヒャド・バギに加え、行動封じ系や【とびひざげり】も有効なので活用しよう。
炎系や岩石・打撃系などは全く効かないので間違っても使わないように。

DQⅦ(3DS版)

トクベツなモンスターとして【すれちがい石版】の公式定期配信石版No.5【雲海の覇者】で出現する。
雲海の覇者の中では中位で、火の息とギラを使用してくる。ステータスや耐性はVIベースで、ギズモを少し強くした程度である。落とすアイテムはうつくし草。
この系統は集団で出現するのが特徴であったが、本作では体が小さいのにも関わらず一度に2匹までしか出ない。
なんでこんな設定にしたのかは謎。

DQⅨ

【くもの大王】の子分のような位置づけになった。
火の息より強力な火炎の息を使い、さらに2回行動までとる。
集団で現れて火炎の息を吐かれては危険。早めに氷または光属性の呪文、特技で倒そう。
これまで有効だったラリホーに少し耐性を持っている。実は氷よりも光属性の攻撃に弱かったりする。

少年ヤンガス

【しゃくねつのほら穴】以降に登場。火の息を吐いてくる。
HPが意外と高めだが大して強くない。しかし、からぶり状態でないと吸い込めないというわがままなモンスター。