※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

DISC2で攻略することになる、非常に複雑な構造のダンジョン。
立体構造というかつてないタイプのダンジョンのため、画面を引きながら移動しないと確実に迷う。
ある程度進んでいくと穴があり、その穴に落ちると次の層へ移動できる魔法陣がある。
ダンジョン自体は短いので、コツを掴めばすいすい進んで行くことが可能。

ボスの【ネンガル】は高い攻撃力で【つるぎのまい】を使う強敵だったりするため、Ⅶの難関ダンジョンによくあげられる。
救いなのは、エンカウント率が低く脅威となるザコがほとんどいないため、道中での全滅はまずないということだろう。

なお、視点を回しっぱなしで歩いていると低確率で空中を歩き出してしまうという怪現象が発生する。
この状態だと迷宮の壁に斜めから突っ込むとすり抜けてしまい、二度と迷宮に戻れなくなる。
脱出するには【リレミト】を使用するしかない。

3DS版

他のダンジョンと比べて立体的な構図になっているためか、
【シンボルエンカウント】形式が技術的に難しいようで、【烈風の神殿】とここだけ【ランダムエンカウント】になっている。