※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅣ

Ⅳに登場する地名の一つ。
【レイクナバ】の南東、【ボンモール】の北にある森林地帯の中にある。
元々は狐が人を騙すために作った【ボンモール北の村】があった場所なのだが、
トルネコと【トーマス】が狐を懲らしめると村は消滅し、単なる空き地となって残ることになる。
「キツネヶ原」は、その残された空き地の名称。
イベント後は何もないただの空き地が残るだけなので、基本的には再訪する必要はない。

ただし、この場所はPS版では移民の出現ポイントになっており、移民の出身地も「キツネヶ原」となる。
ルーラの行き先に登録されないので多少行くのは面倒だが、モンスターやエルフなどの特殊移民が出現しやすくなっているので、
【ミステリータワー】を作りたい場合などには巡回ルートに入れておくといいだろう。
ちなみに移民の一種である「きつね」も特殊移民に分類されているため、この場所でまた狐に出会う可能性もあったりする。