※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅴ以降に登場する胴体部防具。
その名の通り銀製の胸当てで、胸部を広範囲に保護する。
また、デザイン面で風格が漂うのでかっこよさもそれなりに高く、
格式ある場での儀礼用にも使われる事があるとされる。
【てつのむねあて】の上位種。

DQⅤ

グランバニアとエルヘブンで5000Gで購入可能。
【シルバーメイル】よりも軽量のため、力の無い女性でも装備可能であり、
人間用の鎧を装備できないドラゴンなどの魔物でも身につけられる、汎用性の高い防具である。
ただ、どう見てもシルバーメイルより体を覆っている範囲が少ないのに、
どういうわけかシルバーメイルと互角の守備力(どちらも40)を持っている。何故だ。
しかもシルバーメイル(4800G)よりも値段が高いし…。
装備可能なキャラはサンチョ、女の子(データ上はヘンリーも)の他、
大半の仲間モンスターが装備可能で、特に【シーザー】等一部のモンスターにとっては最強の防具なので、
中の上程度の防具でありながら需要は高い。

また、SFC版Ⅴの公式ガイドブックのイラストでは年中【かわのこしまき】の一張羅であるはずのパパスが身につけていたりする。

DQⅥ

守備力36、かっこよさ30。
アークボルト、カルカド、クリアベール(上下共に)、フォーン城で3200Gで購入可能。
また、【のろいのカガミ】が稀に落とす。
Ⅴでの性能がさすがにおかしいと思われたのか守備力が若干下げられ、
それに対するシルバーメイルは若干引き上げられ守備力の差が7出たほか、
価格もシルバーメイル(6300G)の半分程度まで下げられた。
また、シルバーメイルに呪文耐性が加わったため、大幅な差別化が図られた。
相変わらず装備対象は広く、ピエールを除くスライム系以外のヤツは大抵装備できると考えていい。
が、なぜか人間キャラの中でチャモロだけ装備できない。
【スライムアーマー】【スライムメット】を装備できるからおかしいとは思っていたが、やはりスライム系の血が…?

やはり重たい装備が出来ないミレーユやバーバラも装備可能だが、先述の通り耐性がないため、
【みかわしのふく】を装備したほうが被ダメージの期待値は下がる。

【ベストドレッサーコンテスト】のコーディネート対象にもなっており、
これと【ぎんのかみかざり】の組み合わせで+20のボーナス点が付いて来る。

DQⅦ

守備力36、かっこよさ30。
リートルード等で6000Gで販売。
また、【キラースター】【プヨンターゲット】が稀に落とす。
守備力、かっこよさはⅥと変わらないが、価格が2倍近くまで上昇。
装備できるのは主人公とアイラだけ(データ上はキーファも)で、シルバーメイルの装備可能キャラと全く同じである。
マリベルやガボはともかく、鉄の胸当てが装備可能なメルビンぐらいは装備できてもよさそうなものだが。この頃から「軽量なため非力な女性や子供にも装備できる」という設定が怪しくなってくる。
【魔王像】の宝箱から1つ手に入るので買う必要はない。ありがたく主人公に着せてやろう。

Ⅵに引き続き【世界ランキング協会】のかっこよさ部門のコーディネート対象にもなっており、
組み合わせはⅥと同様だが、ボーナス点が+25と僅かに上がっている。
但し、このコーディネートが可能なのは、今作ではアイラのみである。

DQⅧ

聖地ゴルドで3200Gで購入可能。
値段がⅥと同じ額まで下がったが、守備力は44に上がった。
今作ではなんとヤンガスしか装備できない。軽いという設定はどこへ行った。
鉄の鎧に比べれば性能は高いのだが、サザンビークのバザーまで我慢して【あつでのよろい】を買ったほうがいいかも。

なお、鉄のむねあてと【シルバートレイ】×2の錬金でも作れるので、
パルミドのカジノでシルバートレイを調達し、3種錬金が可能になって即作った場合、時期の割にかなり強い防具となる。
低レベルプレイではうまく活用したい。

DQⅨ

守備力24。
魔法使いと武闘家を除く職業で装備可能。
本作では店売りされておらず、てつのむねあてとシルバートレイを1個ずつ錬金するのが唯一の入手方法。
守備力が激減したようにも見えるが、これは防具が細分化された影響であり、実質的には特別弱体化したわけではない。