※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【教会】等で選択できる項目のひとつ。
この項目を選択すると、死んでいる仲間ひとりをHP最大値まで生き返らせる事ができるが、有料である。
生き返らせるのに必要なゴールドはレベルに関係する。(作品によって他の要素も加わる。)
神父やシスターが【ザオリク】を唱えているのか、教会に【世界樹の葉】が大量にストックされているのか…。

Ⅱで復活の呪文を聞いた際に死亡者がいると、必要なゴールドが差し引かれて生き返らせた状態から再開となる。
また主人公の半生であることが強調されているからか、Ⅴで主人公が死んでいる状態で町に入った場合には、仲間が自動的に主人公を教会で生き返らせる。
ちなみに料金が足りなくても全額と引き換えに生き返る。もちろん無一文でも。
Ⅸでは【女神の果実】や神の国関係のイベント、【アギロホイッスル】使用時などに主人公がHPが1で生き返ることがあるが、 この場合はお金はかからない。

確実な蘇生手段ではあるものの、ザオリクと言わずザオラルさえ覚えればほぼ用は無くなる。
旅先の洞窟の中とかであれば、金を払ってでも確実な蘇生手段が欲しくなったりするものだが、教会がある町の中なら成功するまでのんびりザオラルをしてれば良い。MPが尽きても宿屋に泊まるだけ。宿代が蘇生代金を上回る事はまず無いだろう。
全滅して戻された時でも、殆どの場合主人公の習得呪文にザオラルが入っているため、MPの心配をするだけで自力復活できる。転職システムで主人公にザオリクを習得させられる作品ならば尚更である。

上記のⅤにおける主人公死亡時や、Ⅵのお金のかからない蘇生手段がある作品ではムダにお金をかけないように注意。