※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅢ

鎧の一種で、商人専用の防具として扱われている。
要するに鉄の板を貼り合わせて作ったエプロンで、なぜか武器防具屋ではなく道具屋に売られている。

守備力22で700G。
ポジション的には【くさりかたびら】(守備力20/480G)と【てつのよろい】(守備力25/1100G)の間という
値段的にも守備力的にもすごく微妙な位置にあり、「専用アイテム」としてはあまり存在意義がない。

ちなみにリメイク版では上位互換の【まほうのまえかけ】というアイテムが登場したが、こちらもビミョーである。

DQⅣ

商人であるトルネコ専用の防具。
Ⅳでは「膝付近までガードできることから鉄の鎧を凌ぐ防御力を持っている。」との設定となり、守備力32と鉄の鎧より2高い。
しかし背中が完全に無防備となっているので、どう考えても鉄の鎧ほどの防御力はないのではないか?
…と考えられるが、トルネコは常に行商用の荷物を大量に背負っている。
この荷物に守られて背中ががら空きになることがないので問題ないのかも。

価格は1500Gと鉄の鎧が1200Gである事に比べると割高だが、そもそもトルネコは鉄の鎧を装備できないので必然的にコレを使用する事になる。
また、鉄の前掛けが主に活躍する3章はカネが非常に稼ぎやすいため、購入も簡単。
トルネコのおかげで独特の地位を手に入れた。

3章で一番高い防具なので、ボンモールで防具を買ってもらう【錬金術】の際には大量の仕入れと売却を行うことになる。
商人しか装備できないこんなシロモノを大量に買わされても使い道がなさそうだが、それでもボンモールではいつもニコニコ現金払いしてくれる。
トルネコからコレを買い取った兵士は後で始末書、あるいはクビになったのではあるまいか…