※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅴで初登場した女性専用装備(鎧)。
「レオタード」と名がつく装備は、Ⅳに登場していた【ピンクのレオタード】に次ぎ2つ目。
もちろん露出度の高い【セクハラ装備】の1つ。

華麗な装飾がついたレオタードで、
SFC版Ⅴ~Ⅵでは純白色とピンク色を基調としたカラーリングとなっており、
両肩と付属のブレスレット部には細長い羽根飾りが付いている。
ご丁寧にもネックレットやアンクレット、シューズまでついて来るこだわりぶり。

Ⅶからはデザインが大幅変更され、銀白色と桃色を貴重としたカラーリングで全体に透明感が出ており、
羽根飾りが腰の裏側辺りにボリューム感を乗せて備え付けられている。

なお設定が作品によって「天使が着ていた」だの「天使を模して作った」だの、ころころ変わる。
だが、いずれにせよDQシリーズの住人たちの価値観では、【天使】はセクシーな衣装のおねいさんであるらしい。
あるいは「天使のような心を持った者にしか装備できない」という設定の事も。スンマセン、着せるほうは下心丸出しです。
まあ、どう見ても単なるレオタードなのにやたら高い守備力を誇っていた、ピンクのレオタードよりは説得力があるだろう。
そのせいか、Ⅳのみの登場だったピンクのレオタードと違い、こちらはⅥ、Ⅶ、リメイク版Ⅳにも登場している。

Ⅷでは【しんぴのビスチェ】に取って代わられたのか登場できず、
Ⅸでも、レオタード系の装備は【天空のレオタード上】【天空のレオタード下】のみとなってしまった。


DQⅤ

本作で初登場。【ジャハンナ】で21000Gで店売りされている。守備力+70。
見た目はすごく寒そうだが、ヒャド系・冷気ブレスを25軽減する。さらにザキ系を受ける確率も1/2に減らす優秀な装備。

女性陣最強の鎧である【プリンセスローブ】は一品物なので、妻か娘のどちらか片方はこれが最強の防具となる。
妻にエロい格好をさせるか娘にエロい格好をさせるかはお好みでどうぞ。
まあ、シルクのビスチェやエッチな下着よりはハレンチではあるまい(笑)
【みかがみのたて】との併用が可能な娘なら、炎系統と冷系統を共に軽減できるので、汎用性が高い。

ちなみにSFC版公式ガイドブック下巻のモデルはビアンカ。

DQⅥ

隠しダンジョンの最深部の、ダークドレアムが鎮座する祭壇の部屋の先にある小部屋に置かれている一品物で、売却もできない。
守備力95、かっこよさ88。
即死耐性を持ち、女性陣の鎧では最強の守備力を誇るが、呪文・ブレスに対する耐性が消えてしまったのが痛い。
かっこよさもトップクラスに高いが、入手時期が入手時期なので、ベストドレッサーコンテストを最後までクリア済みなケースも多く、最早飾りステータスになっている事も…。

外見グラフィックが変わる訳でもなく、女性陣には守備力の値は劣れど優秀な耐性を誇る【ドラゴンローブ】やプリンセスローブがあるので、袋の肥やしになる確率が非常に高い。
スライム系仲間モンスター(スラリン・ホイミン、はぐりん、キングス)も装備できるが、そもそもⅤと違って特技が充実しており必ずしも仲間モンスターに頼る必要のないⅥでは、スライム系にお呼びがかからないことも多い。

話しかけるだけでスライムを仲間にできる様になったDS版では、ピエール以外の全仲間スライムが装備できる。
しかし耐性が敵のときと共通になったために、有用なスライム系は元々ザキ系にかなり強かったり無効だったりするので、コレを装備するメリットが薄い。

ただ、これを装備しない場合、絶望の町の防具選択において選んですらもらえない事も多い【エンデのよろい】、守備力が最強かつブレス攻撃に強い耐性を持つもののカジノで15万枚ものコインを稼ぐ必要がある【メタルキングよろい】、あるいは守備力の大幅に下がる【スライムアーマー】や、魔法耐性を持つものの守備力が低い【マジカルスカート】を使わざるを得なくなる。
即死に完全耐性を持っていないホイミンやベホマンを使うならば悪い選択肢ではないといえよう。

公式ガイドブック下巻のモデルはバーバラ。キングスライムとかじゃなくてよかったけど、彼らが装備時のヴィジュアルも気にならなくはない(笑)

ちなみにDS版では、この宝箱を開けた際に会話が用意されている(イベントアイテム以外の宝箱ではこれだけ)。
ミレーユは「私より、バーバラの方が似合うんじゃないかしら」。
バーバラは「私より、ミレーユの方が似合うんじゃないかな」。
お前らそんなに着るのが嫌か!
逆に、さり気なく「私……関係……ない」と、装備出来なくてしょんぼりしているドランゴが可愛い。

DQⅦ

守備力93、かっこよさ72。
カジノのラッキーパネルか、【ヘルダイバー】及び【まじんブドゥ】のドロップでのみ入手出来るレアアイテム。
今回も即死耐性のみで呪文・ブレス耐性はなく、また女性陣のマリベル・アイラともにこれより強い装備が複数あるため、最終装備としての価値はかなり低くなった。

しかし、ポイントはディスク1の過去【海底都市】に出現するヘルダイバーが稀にドロップすること。
この時点での天使のレオタードは圧倒的な守備力を誇り非常に強い。
マリベルの鎧にはほかに【マジカルスカート】もあるが、耐性が必要ない場面ではこちらが大いに役立ってくれるだろう。
とはいえ、過去海底都市は転職不可というハンディがある上、ヘルダイバーは初登場の時点では場違いな強敵。
おまけにドロップ率は1/256と強烈に低いため、落とすまで粘るより「落としたらラッキー」程度に思っていた方がいい。
売値は10500G。

3DS版

3DS版ではザキ系が異様なほどの命中率を持つようになり、一瞬で壊滅させられる危険性もあるため保険として装備させる意味は十分ある。

DQⅣ(リメイク版)

即死耐性は無く、メラ・ギラ・イオ系呪文と炎・吹雪両方のブレスを2/3に軽減するという、他作品とはやや異なる性能(Ⅳにおけるみずのはごろもと同じ耐性)。
高性能である事には変わりなく、特にラスボス、裏ボス級の敵が使用する物理・無属性以外の攻撃をことごとく軽減する。
Ⅳのステータス基準の関係で他作品に比べて守備力はやや落ちるが、それでも守備力は60とかなり高い。
アリーナとマーニャにとってはこれが最強装備となる。
女勇者やミネアも天空の鎧、はぐれメタル鎧はブレス耐性がないので、最終装備の有力候補となるだろう。

PS版では、クリア後の隠しダンジョンにある宝箱で拾える他、
移民の町の特殊形態の一つである【レディースタウン】でのみ13000Gで店売りされている。
移民の町を育てるのは面倒だが、レディースタウンは移民の種類を問わず、 女性ばかりを30人集めればすぐ作れる簡単な形態。
移民が始まり次第すぐにレディースタウンを作って、人数分の天使のレオタードを揃えるとその後が格段に楽になる。

DS版では、前述の宝箱の他、移民の町の成長パターンは1種類のみだが、最終形態になれば購入可能。
第5章で最終形態に成長させるには、17人以上とのすれちがい通信が必要。
ちなみにすれちがい通信ができるようになるのはキングレオ戦直前で、この時点で手に入れられれば超強力。
だが、もちろん世の中そんなに甘くはない。
すれちがい通信で移民を集めるのは超困難なので、やはり入手は第6章になってからだろう。