※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

Ⅶにのみ登場する防具で、【セクハラ装備】の一つ。【着せ替え】にも対応している。
最高の素材で作られた、花をいくつもあしらった美しいキャミソール。
水着→ビキニ→レオタードと来て、ついにここまで来たか!と思わせるセクハラ装備。
入手方法は神さまからのご褒美か、グランドスラムの【カジノの景品】(50万枚)とボーナス的存在。
相変わらず妙に高い守備力を誇るが、微妙に中途半端。かっこよさも最高というわけではないし。
いっそ【あぶないみずぎ】のように守備力1にした方が良かったのではないだろうか。

装備するとグラフィックが変わるが、今更ドット絵では興奮しなかった人が大半だろう。
なぜかアイラは装備できず、着るのがマリベルでは…と思いきや、何と魔物が思わず見とれて動きを止めてしまう効果がある。
どうもⅦの魔物には特殊な趣味を持つ者が多い様で結構な事である。

ちなみに彼女をパーティメンバーから外しても(マリベルの部屋に置いてゆく)この装備の際のグラフィックになる。
部屋着としてならまぁ違和感もないかも知れないが、何故か彼女は下着姿になっても頭巾は脱がない。

3DS版

パーティーメンバーから外しただけではこの格好にはならず、キャミソールを実際に入手しなければ拝めなくなってしまった。
また、職業によるグラフィック変化よりも優先されるため、マリベルがモンスターの姿になるのに困惑していた人も安心である。しかし、モンスター職についた状態でキャミソールを装備し武器で攻撃しても、素手のグラフィックで攻撃するという微妙なバグか仕様がある。
ちゃんと3Dポリゴンで反映されるので、当時「いまさらドット絵では…」と思った人も満足な仕上がりになっている……はず。
今回もほっかむりは外してくれず、頭巾にキャミソールというなかなかシュールな絵面である。
【武闘家】のときなどは頭巾をちゃんと取ってくれるのだが…。)