※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

大きな1つ目を持ち、全身を茶色い毛皮に覆われたキモカワイイ系モンスター。
性格はわりとのんきもの。
色違いには【ケムケムベス】【ムーンフェイス】がいる。
ちなみに「大きな目」なのだから英語に直すと「bigeye」、すなわち「ビッ『グ』アイ」となるはずだが、何故か濁らない。
某家電量販店と同じく、勘違いによって付けられた名称である。
しかし、Ⅶの【いっぱつギャグ】では「ビッグアイ したなあ もぉ~」と間違えられてしまっている。


DQⅤ

通常攻撃の他に冷たい息を吐き、ベホイミで回復もするが、様子をうかがって何もしてこない事も多い。
ヒャド・冷気以外の呪文や特技はほぼ全部有効。より厄介な敵と一緒の時は後回しにしよう。
何故か【おおきづち】を落とす。
仲間にする事もでき、攻撃・回復両方をこなせるので長期間頼れる。
敵の時からは想像のつかないほどの活躍を見せてくれるだろう。詳細は【ガンドフ】を参照。

DQM1、2

獣系として登場。
GB版1では獣系×【おおめだま】、2及びPS版ではそれに加えて獣系×【ドライゴン】【ファーラット】×【ダークアイ】の配合で誕生する。
習得特技は【ヒャド】【つめたいいき】と、GB版1では【ホイミ】、2及びPS版では【アモールのあめ】

また、1では【ゆうきのとびら】の主を勤めた。
ここはⅤの【神の塔】でのラーのかがみ入手シーンのパロディになっており、コイツが鏡役を演じている。
しかし、戦闘前後のやり取りが原作からかけ離れているのと、大きな目で鏡を連想するのが苦しいからなのか、「Ⅴのどのシーンが元ネタなのか?」と考えたプレイヤーは少なくなかったと思われる。
また、順当に進めれば倒して仲間にならない最初のボスなので、そちらに怒りの矛先を向けた人も多いかもしれない。

DQMBⅡ

第四章から登場。
ステータスはHP:665 ちから:88 かしこさ:27 みのまもり:85 すばやさ:26。
使える技は「冷たい息」と「ようすをみる」。
前者は敵全員を氷の息で攻撃し、後者は相手からダメージを受けると「泣きだす」で反撃するカウンター技。

アームライオンやずしおうまるなど、全体攻撃を多様する相手に猛威を振るい、上手くいけば1ターンに複数回攻撃できる。
僧侶と組むと、冷たい息が敵1体に転がって攻撃する「じゃれつく」に変わるので、氷に強い敵がいたら変えてしまおう。

【アンクルホーン】【ホースデビル】とチームを組む事で、【ブオーン】へと合体する。