※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅤ

Ⅴに登場するモンスター。
金属製の鎧を着て、大きな円形の盾を両手に持つカバで、色違いには【シールドヒッポ】がいる。
出現場所は【天空への塔】のみで、攻撃方法は突進のみ。
その一方で守備力が160と高く、その上防御はするわ、アストロンでこちらの攻撃を全シャットアウトするわで、
プレイヤーに容赦ないストレスを与えてくれる。
【ベホズン】【ケンタス】を仲間にしたくて粘るプレイヤーにとっては、まさに目の上のたんこぶの存在。
攻撃呪文は全般的に効きにくいが、ルカニ系とマホトーンは有効。

アストロンを使わせたくないのなら、さっさと呪文を封じた上で守備力を下げよう。
【いてつくはどう】天空のつるぎがあればアストロンを使われても即時解除可能。
それでも防御されるとイライラするが。
面倒ならばこの際逃げてしまうのも手。

倒すと稀に鉄のたて を落とす。


ルーツはキリスト教神話に登場する獣達の王で、元々は「獣達」を意味する言葉だった。
中世になると二本足で立つ大河馬や象の姿をした悪魔とされるようになったそうな。
因みに【ケベナヒモス】や ベヒーモス、ベヒモス等と語源は同じ模様。