※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅶに登場する赤銅色をした魚型のモンスター。【とつげきうお】【バラクーダ】の色違い。
Ⅳに同名のモンスターが登場するが、そちらはエビルアングラー系統のモンスターである。
詳細は【ピラニアン】を参照。
同作にとつげきうお達も登場するためこいつの立ち位置は少しややこしい。
Ⅳのピラニアンがあまりに無理矢理過ぎたので、Ⅶでとつげきうお系統になったのだろうか?
しかしリメイク版Ⅳではアンコウのほうのピラニアンが正式に登場。FC版Ⅳの没モンスターにお呼びがかかった。
おまけにバラクーダに体色まで取られてしまった。
そんなこんなでかなり地味なため存在を忘れ去られがちなモンスター。

DQⅦ

最初に出現するのは洪水後の【ハーメリア】周辺だが、特に強くはない。
洪水が終わった後は【サンゴの洞窟】で出現する。
噛み付いてきたりするのかと思えば、何故か体当たりを多用。あと、【イオ】を使う。
落とすアイテムは【ブロンズナイフ】

3DS版

洪水後のフィールドのモンスターが異変前の海のモンスターに変更。
同時期の水系モンスターのうち、海底都市に出現しないコイツだけ初登場がサンゴの洞窟までお預けとなった。
さらに、バラクーダが【トクベツなモンスター】として再登場するという追い打ち。
仕様変更に泣かされたモンスター。もっと酷い目に遭ったヤツもいるが……。